FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 音楽-その他

Tags: 黒沢健一  

Comment (0)  Trackback (0)

黒沢健一 死去

こんにちは。社長です。

久しぶりのブログ更新はとてつもなくショックなニュースを聞いたからです。

http://www.k-kurosawa.com/

社長の音楽人生における最重要人物L⇔Rの黒沢健一が12月5日、脳腫瘍のために亡くなりました。今年10月に闘病を公表しそれから2か月、48歳という年齢を考えるとあまりに早すぎます。

そのメロディーセンスにいつもしびれていました。あこがれ続けてずっと自分も歌を作ってきた気がします。

くしくもL⇔Rデビュー25周年の今年のタイミングで幻のライブ映像がDVD化されるなどと、実弟でありメンバーの黒沢秀樹からアナウンスがあり、もしかしたら活動再開もあるかもと期待を寄せていたところでした。

もう新曲は聞けないんだなあ。

今、社長の胸に流れる曲はソロアルバム『Focus』の1曲目に収録されている、誰かを見送り送り出すかのようなバラード「Grow」

この曲で黒沢健一を安らかに見送りたいと思います。

ありがとう。

関連記事

Category: A to Z

Tags: AtoZ  フェイクカバー  新曲  

Comment (0)  Trackback (0)

A to Z ニューシングル「遊・宙・舞」本日配信開始!

こんにちは。社長です。

本日より社長のソロプロジェクトA to Zの新曲「遊・宙・舞」が配信開始となりました。

まずは聴いてみてください。



この曲はあこがれのアーティストになりきって作曲・演奏する「フェイクカバーシリーズ」第2弾シングル。今回のネタ元はデビュー30年を超えるベテラン、日本の夏を代表するあのバンドです。ここまでのヒントでたぶん2択くらいに絞られてると思いますがタイトルをそのまま読めば答えはすぐに出ますね。


ラテンフレーバー溢れるメロディーとアレンジ


ネタ元のバンドさんのヒット曲は「ねばっこいマイナー系ラテンサウンド」と「ひたすらさわやかなポップサウンド」の二つに大別できると思うんですけど今回挑戦したのは前者の方です。

かなり太いハイトーンがだせる実力派ヴォーカリストさんですのでこの「遊・宙・舞」も社長にとっては結構無理して高いキーになっています。結構個人的には「それっぽい」メロディーになったと自負しております。

アレンジ面ではパーカッションを派手に入れてみたり、サビでアクセント的にブラスを入れてみたりと夏っぽさをだすために結構頑張っています。


ギタープレイにもこだわり


一般的に言ってこのバンドはヴォーカリストありきと思われているかもしれませんがサウンドの核はギターです。ここのギタリスト日本屈指のギタリストだと個人的には思ってますのでその辺もうまくカバーしたい、と意気込みました。

まずクリーントーンの細かいカッティング。慣れないことで大変でした。

そしてエフェクトがたっぷりかかった粘っこく伸びやかなソロプレイ。いやー、普段エフェクターってあんまり使い方がわからないもんでこんなに深くかけてもいいのかなと思いましたがまあなんとかなじんでますね。ギターソロの最後にギター2本でハモるところがいかにもそれっぽいです。


女性視点の歌詞


今回の歌詞は女性視点のものになっていますがこのバンド結構多いんですよ。しかも失恋系とかせつない系で。単語ひとつひとつ取ってみるといかにもこのバンドの曲って感じがすると思います。我ながら雰囲気は出せたかと。


次はアルバムだ!


というわけでですね。もう7月にはいりましたから是非ともこの「遊・宙・舞」、楽しんでいただければと思います。そして次はやはりアルバムをだしたいですね。実は作った曲は全部配信しているわけではなくて、今すでにこのフェイクカバー・シリーズも4曲ほどストックされていたりします。これがあと2,3曲できたらひとつのアルバムにまとめてみたいと思っています。

きっと支離滅裂なおもちゃ箱のようなアルバムになると思うけど今から楽しみです。
関連記事

Category: A to Z

Tags: AtoZ  新曲  フェイクカバー  

Comment (0)  Trackback (0)

A to Z ニューシングル「遊・宙・舞」、7月4日配信開始!

こんにちは。社長です。

久しぶりの新曲の配信が決定いたしましたのでご報告です。

遊・宙・舞

タイトルは「遊・宙・舞」

これはリスペクトするアーティスト風の楽曲を勝手に作ってしまおうという「フェイクカバープロジェクト」の第2弾シングルになります。

楽曲の詳しい内容は配信開始になってからじっくりと解説いたしますがカバー元はタイトルや夏っぽい雰囲気からモロバレですかね。

何はともあれほんとに久しぶりのミュージシャンぶった活動報告に社長はご満悦です。
関連記事

Category: 日常

Comment (0)  Trackback (0)

胃腸炎になりました。

こんにちは。社長です。

皆さまお元気ですか?社長は実はここ数日胃腸炎というものにかかりもがき苦しんでおりました。今日晴れて職場復帰できましたのでここから下は記念の日記的にいかに苦しかったかを書き綴りますので苦手な方、きちゃない話NOの方は読まないでください(笑)

点滴

(あくまで個人記録なのでだらだらと単に時系列に書いていきます)

あれはある休日のこと。

お昼は昔懐かしのきな粉をまぶした揚げパンを食べました。午後からちょっと用事があったので職場に行き、職場の皆様に711のアイスコーヒーをふるまうわけですがこのあたりから胃に違和感を若干覚えていたわけです。

とはいえめずらしくコーヒーがもたれたのかなぐらいにしか思ってなかったわけで。

そんで夕飯は家で手巻き寿司ということで「これはがっついて食べねば」と思って食べたのですがやはり胃に違和感が。

ものすごい満腹感、といより胃がはって消化機能が働いてないような苦しい感じが始まりました。

こりゃ風邪かなと思って熱を測ってみるも特になく、とりあえず市販の風邪薬をのみ、さらに今までのんだこともない胃薬というものをのみましたが事態は改善されず。お腹は破裂寸前の風船のような苦しさで呼吸も徐々に荒くなってきました。

寝室で寝るに寝れず「こりゃもしかしたら嘔吐もあるな」と2階の寝室からトイレのある1階リビングに移動。そして案の定トイレにて嘔吐。

ただこのとき社長の頭の中では苦しみながらも「嘔吐すれば楽になる」と高をくくっていた部分もありました。少なくとも嘔吐は2回くる、それを超えればこれ以上悪いことにはならないだろうと35年間の付き合いの身体に対しての推測を持っていました。

そしてあっさりと2回目の嘔吐もこなしたわけですが結果状況は全く改善されず、息はますます荒くなり寒気もしてきました。救急病院に行こうと家族は言ってくれ、救急に電話してくれているころにはとうとう手がしびれてきました。

病院に向かう車の中で、意識は朦朧としながらも自分の呼吸だけがやけに荒く、こんなときに限っての赤信号だの法定速度きっちり順守の前の車だのがやけにうらめしく思いました。

病院に着いたころには車のドアを自分で開けられないほど手のしびれがひどくなり足にもしびれを感じていました。

なんとなくこのしびれは毒?、食中毒的な?と覚悟していました。

待合室で半ば倒れこむように座っていると看護師さんがビニール袋を持ってきて「この中でゆっくり呼吸してください」と言いました。最初はその袋のビニールのにおいにかえって顔を背ける思いでしたが、ぜーはーぜーはーという短く荒い呼吸をなんとか深呼吸のような呼吸に持っていきました。

すると、あのときは本当に自分でも驚いたのですが徐々に手足のしびれが治まってきました。

手足のしびれ自体は食中毒でもなんでもなく荒い呼吸によって身体の中の酸素濃度が急激に上昇したせいだったのでした。これが過呼吸というやつなのか・・・。言葉は知っていましたがそういうことだったのですね。

一瞬その感動ですべてが治ってしまいそうな錯覚に襲われたのですが、現実はそうでもなかったらしく「レントゲン撮りますね」って言われてレントゲン室に入っていくころにはもう立っているのもやっとで。

ほら、精神的にもあれですよ。レントゲンは治療じゃないってわかってるから。苦しいだけでテンションダダ下がり。立ってられないのにきれいに直立して「息とめてくださーい」ってそりゃ無理ですわ。

んでパシャッと撮ったところで思わず倒れこんでしまって、そこでまた吐き気をもよおしたんですけどもよおすばかりでとうとう吐くものは何もありませんでした。

そんで採血して、点滴。

待望の点滴ですよ。以前、点滴さえしとけばとりあえず何でも良くなるって感じの点滴教の信者みたいな人がいたもんですから社長もついついつられてそんな気持ちで臨んだのです。

ところが点滴中も徐々に症状は悪化していきじっとしていることができない。寒気がものすごくなり喉はからからで唇はバリバリになってきました。たぶん正味1時間ちょっとの点滴中、とりあえずまた過呼吸にならないようにしながらそれでもやはり荒い呼吸だったと思います。

救急病院ではここまでで「明日ちゃんと病院行ってくださいね」と解放されて、自分としては「こんなに苦しいのだから入院とかじゃないの?」とか思ってました。そんで家に着いたのがたぶん夜中の2時半とかそんなとこ。

2日目。という呼び方がいいのか、翌日の朝。さすがに苦しくはあるけれど少しはまし。

と思って病院にいったのですけどそこで体温を測ったら39度近辺の発熱。昨日の救急病院でも熱はなかったのにあとからきたようです。

ここで先生に初めて「胃腸炎」という言葉を聞きます。細菌だかウイルスだかが胃についちゃったということらしいです。人に移るタイプではないということでとりあえずは安心。

そしてここでも点滴。やはり点滴中は苦しくてうなされてました。ただひとつ気づいたこと。病院のベッドについてる呼び出しボタンを押すあの感覚、あれ好きです。押すと人が来てくれるという何とも言えない非日常。いいですね。

それから数日病院点滴、自宅でおかゆと薬と睡眠を繰り返しようやく今日に至りました。近年稀にみる苦しみでしたね。

ストレスや疲れもたまってて身体の免疫力が落ちてたのかもなあ。


仕事しながらも夜とかにちゃんと音楽作ってたんです、最近。でもパソコン向かって音楽作るのって自分で思っている以上に集中力を使って疲れさせていたようです。

これからちょっと自分の身体がこわかったりする35歳。

今作ってるのが夏の歌なんですけど、これ夏前に完成できるのかな…?
関連記事

Category: 音楽-その他

Tags: レコード  

Comment (0)  Trackback (0)

LPレコードを洗ってみた

こんにちは。社長です。

ハードオフなんかのお店に行くとですね、中古のLPレコードが格安で売られています。専門の中古レコード店なんかだとモノの価値や商品の具合をしっかり査定して値段がつけられているのですがハードオフだと「一律300円」みたいな適当な値付けをされているのでなんやかや買ってしまいます。

陽水ライヴ・もどり道 

それで最近買ったのがこの井上陽水のライヴ盤「もどり道」

ところが盤面を見るとほこりまみれで肉眼でもわかる位のアブラ汚れもある。プレーヤーにかけてみると「ブツブツ」とノイズがひどいし音飛びもします。アブラ汚れの部分じゃなくても目に見えない汚れがあるのか音が飛ぶんですね。

というわけでYouTubeなんかを参考にしながらレコードを「洗ってみよう」となったのです。

用意したもの


たぶん世の中にはレコード専用のクリーナーとかもあるのでしょうが今回は自宅で簡単に用意できて簡単にできるものにしました。

用意したものは以下の通り。

1.キッチンペーパー
2.食器用洗剤(中性洗剤)
3.食器用スポンジ
4.タオル(マイクロファイバー繊維)
5.ドライヤー

以上です。容易に想像できると思いますが本当に食器のごとく洗うだけなのです。スポンジはよくある柔らかい三角状にイボイボついてるのを使いました。いつもの食器洗いに使っているもの…ではなく万が一細かいゴミがついていて盤面を傷つけないように新品を100均で用意しました。一応詳しいやり方は以下に。

LPレコードの洗い方


1.キッチンペーパーを正方形を作るような感じで4枚並べます。ここが作業場。ここにレコードを置きます。
2.食器用スポンジに食器用洗剤を数滴たらして水で少し泡立てたらレコードの溝に沿って円を描くように洗っていきます。
3.片面が終わったらひっくり返して同様に2を。
4.水道水で洗剤を流します。食器洗いの要領です。ただレコードは中心部に紙のラベルが貼ってあるのでそこが濡れない角度で洗い流しました。まあ結局多少は濡れますけど。
5.タオルで水をふき取ります。先ほどと同じようにレコードの溝に沿ってそうっと拭いていきます。ちなみにタオルは普通の綿パイルのものではなくマイクロファイバーのものを使いました。綿のタオルだと細かい糸くずがレコードを傷つけそうだったのとマイクロファイバーの方が吸水性と埃の吸着力がありそうだったので。
6.この時点でほぼOKな気もしましたが念のためドライヤーで乾かしてみました。ドライヤーはもちろんHOTではなくCOOLで。
7.終了!

結果は……?


さて、洗い終わったレコードを実際に鳴らしてみると……。

全然パチパチしない!

そりゃもう感動モノでした。ここまでとは。300円で買ったレコードだから失敗しても仕方ないよな、と覚悟しながらだったのですが大満足。

いやー、実際レコードマニアみたいな人たちに言わせるとレコードを水で洗うなんて何事!と怒られそうですがこれはいいですわ。

お部屋に昔のレコードが残っている方、一度ぜひ試してみては?

関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
旅してゴメン(#2)TOKIO(#1)BUCK-TICK(#2)MEG-CD(#1)桑田佳祐(#1)山下達郎(#3)矢野顕子(#1)家庭教師(#1)エーテル(#4)凧(#1)結婚式(#7)ハービー・ハンコック(#1)シリコンスチーマー(#1)ナオト・インティライミ(#1)ZOOM(#1)大貫妙子(#1)銀の森(#1)備前焼(#2)美空ひばり(#1)エフェクター(#1)めずらしい人生(#1)ヘアカット100(#1)EnterMusic(#4)KAN(#3)吹奏楽(#2)ネズミ(#1)カウントダウンTV(#1)イエローモンキー(#1)益子焼(#1)ミヒャエル・エンデ(#1)Dr.ハーロウの実験室(#12)英語(#1)たわごと的J-POP論(#3)恋愛写眞。(#10)ライブ(#11)スピッツ(#2)北園みなみ(#1)特集(#10)木村カエラ(#1)陶史の森(#2)AtoZ(#42)リマスタリング(#5)一青窈(#1)小沢健二(#2)さだまさし(#1)鬼岩公園(#3)スムルース(#1)岡村靖幸(#2)Beyond(#1)ザ・なつやすみバンド(#1)うさぎ(#1)cabaret(#8)磯貝サイモン(#1)浅井健一(#1)ワタクシ的レコード大賞(#23)RCサクセション(#1)笠間焼(#1)サザンオールスターズ(#2)新曲(#12)リー・リトナー(#2)斉藤和義(#1)ハイロウズ(#1)放射する欠片(#4)TUBE(#2)島崎藤村(#1)ずっと繋がっていく日々(#4)ゲスの極み乙女。(#1)氷室京介(#1)スケッチ(#3)桜(#5)SONAR(#1)エーテルスケッチ(#58)夜明け前(#1)黒沢秀樹(#1)大滝鍾乳洞(#1)L⇔R(#3)吉田拓郎(#2)フェイクカバー(#4)衝動(#1)ACHA(#3)野焼き(#1)DMC-GF1(#15)ダイナランドゆり園(#1)佐野元春(#2)動物園(#1)間寛平(#2)アイム・イン・ラブ(リモデルド)(#1)遠い空の下で(#1)nostalgie(#15)竹内電気(#1)ブルーハーツ(#1)レコード(#1)Panasonic(#1)藤井隆(#1)兼六園(#1)加登屋(#1)アースマラソン(#2)GLAY(#1)及川光博(#1)radiko(#1)CDレビュー(#38)モモ(#1)打ち込み(#1)RIPSLYME(#1)こいのぼり(#1)鈴木慶一(#1)曽木公園(#1)フォープレイ(#1)ふくろうず(#1)奥田民生(#1)椎名林檎(#1)セット・ミー・フリー(#3)北斗の拳(#2)宮沢和史(#1)ラブトライアングル(#6)西野カナ(#1)チャゲアス(#2)JUJU(#1)B・B・キング(#1)ザ・スパイダース(#1)スタレビ(#3)BREAKERZ(#1)川本真琴(#1)ジャンクフジヤマ(#1)アルバ(#1)きゃりーぱみゅぱみゅ(#2)忌野清志郎(#3)フレイズ(#4)フライング・バリット・ブラザーズ(#1)紅葉(#1)kindle(#1)ゆず(#2)ツバキ(#1)DTM(#4)ベンジー(#1)Superfly(#2)飛行機雲(#2)ドームやきものワールド(#1)はてしない物語(#1)ウド鈴木(#2)チャットモンチー(#1)サカナクション(#1)クリスマス(#1)Mr.Children(#3)東北地方太平洋沖地震(#2)浴衣(#1)レコーディング(#19)馬籠宿(#1)黒沢健一(#3)金沢カレー(#1)ウルフルズ(#1)
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。