FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 日常

Comment (0)  Trackback (0)

ヘッドホンを新調しました

こんにちは。社長です。

あつ~い日が続きますが皆様お元気ですか。

日々の音楽製作においては壁うすうすのボロアパートのためヘッドホンは必需品です。そのヘッドホンがとうとう天寿を全うしました。

旧ヘッドホン


耳周りのビニールが完全にはがれてしまったのは随分前のことですが最近右の音がでないときが多々ありあげく最終的には写真の通りポッキリと…。

よくこの状態でつくってきたもんだよ!

というわけで思い切ってヘッドホンを新調することになりました。

続きはwebで!
さてどんなヘッドホンがいいかな~といろいろ思案。こういう時間が一番楽しいですよね。

ところでひとくちにヘッドホンといっても実はいろいろあるんですよ。例えばリスニング用のヘッドホンとスタジオヘッドホン。リスニング用はその名の通り音楽を楽しむためのヘッドホン。より迫力がでるようになっていたり膨らみのある音を表現したりと各メーカーの技術と個性が発揮されます。逆にスタジオヘッドホンは音楽製作者のためのいわば業務用ヘッドホン。はっきりいって「ヘッドホンの力でいい音になってもらっては困る」品物です。できるかぎり原音に忠実であることが求められるジャンルです。

社長が買おうとしているのはもちろん後者のスタジオヘッドホン。業界定番と言われるSONYのMDR-CD900STも魅力的だけど15,000円くらいするもんなあ。予算は限りなく低い社長。

でネットで見つけたのがこれ

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5ECPH7000%5E%5E

CLASSIC PRO(クラシックプロ)/CPH7000

なんとスタジオヘッドホンなのに6,000円を切るコストパフォーマンス。これしかない!これに決めた!!(値段で決めた)

そして家に届きました。

新ヘッドホン


さっそくいろいろ音を聴いてみる。う~ん、高音は若干シャキシャキとした音。低音はあんまり響かずに点のようなイメージ。

商品選び失敗した?

いやいや。使い始めのヘッドホンやスピーカーはエージングといっていわゆる慣らし運転が必要なんですね。本来の性能はこのエージングが終わらないと発揮されないんです。このCPH7000はメーカーによると最低100時間のエージングが必要とのこと。100時間か…。先は長いが一生懸命この子にいい音楽を聴かせ続けてやるぜ。

それよりも何よりも楽器のなってる「場所」が分かりやすいことに感動しました。各楽器が分離してるというかはっきり分かる。これは作り手にとってはすごくいい。なるほど~これがスタジオヘッドホンか~。

さ~て今夜も地道にエージング。
関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2020