FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: やきもの

Tags: 備前焼  

Comment (2)  Trackback (0)

備前焼の里を訪ねて 《後編》

こんにちわ。社長です。

もうこの暴走は誰にも止められない。「音楽サイトでやきもの放浪記」後編です。

美術館を出た後は三本井桁が目印の桃蹊堂桃山窯で実際に仕事場を見せていただくことに

桃山窯

はなちゃん

まずは看板娘のはなちゃんがお出迎え。

綺麗な店内から奥に進み仕事場へ。

薪

粘土

上が薪。備前焼に使う登り窯は膨大な量の薪を必要とします。下は・・・、何だか分かりますか?これぞ駅の裏から掘ってきたという粘土の元。触らせていただくととても硬い。これを生成してあの黒い粘土にするんですね~。

そしていよいよ登り窯を見学。

登り窯1

とにかく大きいので写真で全景を伝えることが難しいのですが手前に燃焼室という薪をくべる中心になる部屋があってそこから斜面を利用して製品を焼く焼成室が何部屋かつながっている感じです。

登り窯2

ここが燃焼室。かまくらの入り口みたいな感じ。ドーム状。

登り窯3

横から見た焼成室の入り口。

焼成室

焼成室内部。広い。こんなのが何部屋もあるから一度の焼成でかなりの製品が焼けるはず。

焼成室2

部屋ごとにこのような炎の通り道があります。

おせんべい

窯の隅に置いてあったこれ、おせんべい。おいしいです。・・・いやいや、食べれませんよ。皿の上にこのおせんべいを敷いてさらにその上に湯飲みやなんかを載せれば省スペースで効率的にたくさんのものが焼けるという優れものです。焼きあがるとこのおせんべいの跡が赤く焼け残ってしまうのですが、それを「牡丹餅」と呼んで備前焼においては非常に喜ばれます。

桃山窯ではないのですが実際に焼成の様子を見学することができました。貴重。

焼成

手が燃えてますぜ、旦那。

このときの窯の温度940℃くらい。最高で1200℃前後、2週間くらい焼き続ける。だから薪の量も半端じゃない。人件費も掛かる。値段が高いのも納得だよね~。

一応温度計はついていますが焼成の基準は温度よりも薪の束数で計るということをお聞きしました。温度計は所詮大きな窯の1点の温度に過ぎない。実際はやきものは温度ではなくカロリーで焼くんだ、ということらしいです。「薪の束数=カロリー(熱量)」ね。ふむふむ。


ビフォアアフター

ちょっと分かりづらいけど左手前が焼き締めたもの、右がまだ焼いてないもの。これだけ小さくなるんですよの図。

備前焼の表面は細かい凹凸があるんですけど、それは使い込むことにより滑らかになっていきます。ということでこれも比較して触ってきましたよ。ああ!本当に滑らかになってる。気持ちいい。

料理の鮮度を保ち、お花を長持ちさせ、ビールをうまくする備前焼。満喫の一日。このあと30m級の信じられないくらい長い登り窯の窯跡を見せてもらったりいろいろあったのですがだらだらと書き続けるのはいやなのでスパッと省略。

皆様も岡山県は備前に寄られた際には備前焼のお店に立ち寄って湯飲みのひとつも手にとってみてはいかがでしょうか。
関連記事

Comments


おーおーなんと丁寧な備前の説明
しょ 衝動じゃ~
窯に火が入ってる時に行けてよかったね^^
夏季休暇もお互い励みましょう
「九谷の星☆」しゃちょう~

悪友より。。。え 誰があくともやねん

>ふとぶ~さん

来た!「九谷の星」発言!!あるときは「歌える陶芸家」だったり「備前の星」だったりそのコメントのテキトーさには頭が下がります。…冗談です。いつも閲覧ありがとうございます。






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2020