FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ライブレポート

Comment (0)  Trackback (0)

ラ・フォル・ジュルネ金沢でチャイコフスキー

こんにちは。社長です。

皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。

社長は連休なぞ関係ないという仕事柄ではありますが、5月5日ぽっかりと空いた休みの日、数年前から行きたいと思っていたラ・フォル・ジュルネ金沢に行くことができました。

ラ・フォル・ジュルネ 

ラ・フォル・ジュルネとは毎年ゴールデンウィーク期間に金沢で行われているクラシック音楽祭のことなのですが、ひとつのコンサートではなく街のいたるところでいろんな時間帯に様々な形式の演奏会が開かれる音楽のお祭りのようなものです。無料で聴ける演奏会もあれば有料のものもありますが普段クラシックになじみのない人でも聴きやすいように価格帯も含めていろいろ工夫されています。

毎年一度は行ってみたいと思っていましたがようやく今年参加できました。

昼間最初に見たのは無料の演奏会。金沢駅の有名な鼓門をエスカレーターで下ったもてなしドーム地下広場にてハープとフルートのデュオでの演奏会。こんな人通りの多いがやがやしたところで演奏会?とびっくりしましたがやってました。そして案の定超うるさい。明らかに音楽に聴きいれる環境ではないのですがまあこれはこれでおまつりっぽい。ハープって楽器は普段オーケストラに絶対入ってる楽器でもないしいても左の隅っこで随分遠い存在なのですが、この日はもうほとんど目の前で音を聴けて「ああ、こういう風に演奏するんだ」というのがよく分かりました。メロディも伴奏もいける憎い楽器です。

そんで夕方からは音楽堂コンサートホールにて、こちらは事前にチケットを取っていたプチョン・フィルハーモニック・オーケストラのコンサート。

音楽堂 

指揮はアレッサンドロ・クルデーレという人。演目はずばりチャイコフスキー。

まずは歌劇「エフゲニーオネーギン」よりポロネーズ。冒頭からヴァイオリンとヴィオラが力強く、ビジュアル的にも弓の動きがぴたりとシンクロしているようで美しかったです。

そしてピアノ協奏曲第1番。ピアノは小山美稚恵という人。冒頭が超有名ですけど通して聴くことってクラシック無精だとなかなかないのであらためて「こんな曲なのか」ってなりますね。小山さんはかなりカクカクとしたピアノを弾くイメージ。音だけ聴くと男性的です。指揮のクルデーレはすらっとした細身ながらときにはジャンプしそうな勢い。気迫のこもった演奏、すばらしい。

アンコールではなんと小山さんが左手だけで演奏。もともとそういう曲なのかな?詳しくないのでよく分かりませんが片手でこんな演奏ができるの?という圧巻の演奏でした。

ちなみに。

帰りに金沢駅でラーメンすすってると隣にプチョン・フィルのメンバーと思われる楽器を持ったお姉さま方が。韓国語はできませんがさっきのチケットを見せながら日本語でご挨拶。

連休ではないけれどいい休みの日になりました。
関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。