FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽-その他

Comment (0)  Trackback (0)

あけましておめでとうございます(さよならパシフィカ)

あけましておめでとうございます。
社長です。

本年もJOY MUSIC RECORDSをどうぞよろしくお願いします。

年末・年始はパワーあふれる姪っ子たちに圧倒されつつそれ以降は比較的まったりと過ごしておりました。

と、そんなところに新年最初の大事件。

社長の愛ギター・パシフィカがとうとう天寿を全うしました。

pacifica.jpg

事の顛末は、そもそもフロントピックアップの音がほとんど聞こえないということが以前からあって自分で弦交換がてらピックガードを外しちょっと中を見てみることに。やはり素人ではよく分からず、ほこりなどを取ってみてとりあえず元に戻し弦を張ってアンプに繋いで見ると今度はフロントだけでなくすべてのピックアップの音がでなくなり。おそらく配線的なものに自らトドメを刺してしまった模様。

「これはえらいことをしてしまった」と近所の楽器屋さんに持ち込んだわけですが、当初の不具合だったフロントピックアップは磁石が外れて固定されていないことが原因。配線は調べてみないと分からない。そもそもフレットが磨り減りすぎて新しくしたほうがよい。といろいろ出てきて全部直すならもともとの本体価格よりもだいぶ高くなりそこそこいいギターを新品で買ったほうがいいですよ、という話になりました。

楽器屋さんの話はいちいちもっともで「ついに来るべきときがきたのだな」という感じでした。

思えば中学校のときに購入しはや18年間。メインギターとして常に傍らにある存在でした。

YAMAHAのPacificaというブランドのいわゆるエントリーモデルで、当時「ストラトキャスター」なんてものの名前も知らなかった中坊が「なんとなくエレキギターっぽい」という理由で購入したのでした。

入門用ギターなので高価でもないけれど、癖のない音を出してくれました。

次のギターを買わなくちゃいけないのかな。こればっかりは経済的なものがあるのでポンというわけにはいきません。

なにはともあれもう音を奏でることができないパシフィカ。18年間お疲れ様でした。

関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2020