FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽-その他

Tags: たわごと的J-POP論  

Comment (2)  Trackback (0)

たわごと的J-POP論「いまさら語る初回限定盤商法」

こんにちは。社長です。

CDが売れないと言われて久しい昨今、レコード会社もあの手この手でCDを売ろうと工夫しています。そんな中、未だipodやwalkmanを持たずCDを買い続けている社長などはたぶん感謝されるべきお客様の一人だと思いますが、だからこそレコード会社の人にはここだけは注意してほしいということがありますのでひっそりワガママながら書いてみたいと思います。


CDが売れない理由


CDが売れない理由は、そもそも人々のライフスタイルが変わってポップソングが重要視されなくなったとか、音楽そのものの魅力がなくなったなども考えられるかもしれませんが、媒体の問題に絞って考えるとデジタルデータを簡単に複製できるようになったり、そもそも配信などでデータそのものを扱えるようになったことが大きいかと思います。

つまり媒体としてのCDそのものの価値は非常に下がりました。だってCDじゃなくても音楽聴けるんだもん。仮にCD買っても一回ipodに入れちゃえばディスクはいらなくなるんだもん。

なので一番の勝者、あるいは邪魔者はTSUT○YAやGE○といったレンタル業者でしょう。

レンタルで済ませればデータだけ複製できる。という便利な世の中がCD購買意欲に歯止めをかけているというのが実情でしょう。

(じゃあもう全部配信に移行すればいいじゃない、と思わないでもないですが絶対に「CD」を売っていかないといけない理由でもあるのでしょう。未だにランキングなどはCD売上ベースで集計されているようです)

そんなこんなで本来の価値を半分失ってしまったCDにおまけをつけて売ろう、ということにしたのが「初回限定盤」です。


「おまけ」はやはりうれしい


現在メジャーシーンの少なくともヒットチャートに載るようなアーティストのCDはほとんど「初回限定盤」と「通常盤」の2種類が販売されています。

なにが違うかというと、それぞれの商品に違いはありますが「初回」にはだいたい何らかの「おまけ」がついてきます。

主流はおもにDVDでライブ映像やレコーディングドキュメンタリーやミュージックビデオが見られたりします。中にはどっちがおまけかわからないというほど豪華なものもあります。

なぜこれがCD販売の切り札になっているかというとこのおまけDVDに関してはレンタルできない、ということらしいですね。これが欲しかったらレンタルじゃなくて買ってね、となるわけです。まさに本編CDの立つ瀬がないですね。

しかしながらよくできたおまけはグリコの時代から非常に魅力的でそんなに値段が違わなければそっちを買ってしまうのが人情というものです。

そう、この売り方自体に社長はなんの不満もありません。問題は別にあります。


同じCDなのにジャケットがいくつもある!?


それは「初回限定盤」と「通常盤」のビジュアルを差別化するためにジャケットが2種類、あるいはそれ以上できてしまうということです。

例えば今何気なくAmazonでエレファントカシマシの新しいベストアルバムを見ているのですがこれにしたって2種類の初回盤と通常盤で


THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤A)(DVD付)THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤A)(DVD付)
(2012/12/19)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤B)(DVD付)THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤B)(DVD付)
(2012/12/19)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


THE BEST 2007-2012 俺たちの明日THE BEST 2007-2012 俺たちの明日
(2012/12/19)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


ひとつの作品に対して3種類ものジャケットが出来てしまうのです。下手すりゃまったく別の作品に見えますよ。

社長、これがたまらなく嫌なのです。


名盤と名ジャケットには密接な関係がある


なにがそんなに嫌なの?とまったく共感してもらえない人が大半な気もするのですがアートワークというのは作品の文字通り「顔」ですから安易にいろいろあって混乱するのが嫌なのです。

例えばものすごく将来的に評価の高いアルバムになって友人とそれについて話をしているときに社長と友人の思い浮かべ、イメージしているジャケットが別々っていうのはなんだかなあ、と。

粋じゃない。と言いたい。

古来より、名盤には名ジャケットがつきものじゃないですか。ビートルズの『アビイ・ロード』なら誰だって4人が横断歩道渡ってるあのジャケットを思い浮かべるし、ソニーロリンズのサキコロならブルーバックのあのジャケット以外ありえないじゃないですか。

どんなに音楽がよくても2種類も3種類もあるジャケットの作品が後世に語り継がれていくのだろうかと疑問に思います。

しかもこんなことやってるのは日本だけのようだし。

おまけも大事だけどパッケージとしての商品価値もデジタルの時代だからこそなおさら大事。でも作ってる人たちにすらそういう感性がなくなってきているのだと思うと残念。

というわけで今日はあまり共感が得られなさそうな愚痴をこぼしてみました(笑)

関連記事

Comments


AKB48なんかはカップリング曲やDVDの内容違いで2~3パターンで売ることが多いです。
しかもそれぞれのパターンで初回プレス分と通常プレス分ではジャケットが違います。
つまり同じシングルで4~6種類ものジャケットが存在するんです。
あと、EXILEの場合は専用サイトでの発売分にジャケット写真がメンバーひとりずつになったものがあり、内容は同じシングルだけど14種類もあり、更におまけつきの14枚詰め合わせセットとかやってたりします。
あの手この手で売ってやろうという魂胆が凄いと思いました。

>紅さん
コメントありがとうございます。
おんなじ内容のCDを14枚詰め合わせセットで売るっていうのがどうも私の理解の域を超えています(笑)最初から「好きなメンバーのジャケットを買う」ではなくて「ファンなら14枚買う」ということになっているのですね。

ファンに需要があれば文句言う筋合いのものではないのでしょうがジャケットは1種類にして各メンバーのポストカード的なものでもつけたほうがスマートだと思います。






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2020