FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: ライブレポート

Tags: ライブ  

Comment (0)  Trackback (0)

「瑞浪美濃源氏七夕まつり」ライブ2011

こんにちは。社長です。

気がつけばライブやってきたのにブログ放置でした。

当日は炎天下の中耳を傾けてくださった方どうもありがとうございました。

さて当日は12時過ぎに仕事が終わり12時半のステージに強行的に駆けつけるもステージ時間の押しにより出番は13時ごろになるも丁寧なリハーサルなどはさせてもらえるわけもなくいきなり「はいどうぞ」と舞台に上がりジャカジャンと弾き始めるもいわゆるコロガシと呼ばれるモニタースピーカーから自分のギターの音が非常に聴こえずらくなんだか自分のテンションがまったくあがらずどんどん冷静になっていき自分がこんな状態だからお客さんにはどんなふうに聴こえてるんだろうと不安になりなんだか楽しみきれないで約30分が終わってしまいました。まあ自分がギター1本で聞かせられる演奏力がないことも痛感しましたが七夕まつりはバサラのおどりの人たちがたくさん駆けつけてくれるのになんでロックをやっちゃいけないんだろうという企画部分で疑問を感じたのも事実。日本有数の暑い土地でギターの弾き語りなんかやってもそもそも誰も聞かないんじゃないのと思ってしまいました。みんなで踊れるロックをやらせてもらったほうが絶対もりあがるのにね。

ちなみにセットリスト。

1.待合室
2.ベリーショート(未CD化)
3.恋の終わり(未CD化)
4.カフェ・ア・ミラージュで
5.夕立ち
6.上を向いて歩こう(cover)

「待合室」はなんとなくやりたいなーと思っていて。久しぶりに初期の代表曲から始めてみたかったのですね。10年前に比べると自分で言うのもなんですけど歌は成長できているのではないかと思います。あと「カフェ」はエーテルスケッチ2nd『放射する欠片』に収録されていてファルセットの多重コーラスが売りの曲ですけどこれをひとりで弾き語りしたらどうなるかというのは実験的な試みでした。涼しげな感じはだせたんじゃないかと思います。最後にキャリア初のカバー曲をやりましたよ。一応おまつりのステージなので、老若男女みんなが知っている曲をやりたいなということで。自分流にかなりくずして歌いましたけど。おもしろかったです。

またライブやりたいとは思うのです。こんどはエレクトリックギターでね。がんばります。

関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2020