FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: エーテルスケッチ

Tags: エーテルスケッチ  nostalgie  

Comment (0)  Trackback (0)

『nostalgie』全曲紹介9「廃工場」

こんにちは。社長です。

この『nostalgie』全曲紹介、最後の「廃工場」を忘れていたわけではございませんがすっかり間があいてしまいました。

シメはバラードです。

「廃工場」(words&music JUN MITAMURA)

君がまだこの町にいた頃遊んだ
憶えてるかな 放課後 煙突そびえる 廃工場

錆びついた鉄屑 油の浮いた水たまり
スクラップの山で つめの中まで真っ黒で おかしくて笑ってた

君の事を 廃工場を 久しぶりに思い出した
いつか僕は 忘れてしまうだろうな
知らず 知らず

君といたあの場所は景色も変わった
憶えてるかな 油まみれの幼い僕らの 宝物

オイルのにおいがとれずに親を困らせた
小さな手が今は器用にコンピューターをあつかっているよ

僕らはまたいろんなことを すぐに忘れてくだろう
悲しいかな それすら分からないな
今じゃ、今は

君の事を 廃工場を 久しぶりに思い出した
いつか僕は 忘れてしまうだろうな
知らず 知らず



アルバム最後の曲がバラードっていうのは個人的にはあんまり好きじゃなくてスピード感のあるロックナンバーでガツンと終わったりするのが好きだったりするのですが、今回は収録曲ならべてみたときにアンカーはこれしかないだろうと思いました。

nostalgie』っていうアルバムテーマ自体、曲が全部あがってからできたテーマなので後付け感まるだしですが一番ノスタルジックな感じの曲だというのもあります。

曲を書いた時期というのをうまく覚えてないんですけど書いたときのシーンというのはよく覚えていてそれは新幹線の中だったんです。たぶん岩手にいた頃で実家に帰ったりしたときのことだと思うんですけど。

新幹線から見える景色って基本的に田舎じゃないですか。いや田舎といっちゃ失礼ですけど住宅密集地を突き抜ける感じではないのでどうしても風景が郷愁を誘う感じに映るんですよね、個人的に。で、そんな新幹線から見える景色をぼうっと眺めながら書いた記憶があります。

この歌は昔を懐かしむ歌ではなくて、ふと昔を思い出したことによってそれがいつかは忘れいくものだと気づくという歌なんですね。単純に「あのころ懐かしいなー」という感情とはちょっと違うところにあります。

ボーカルはこれはもう村田勇人でいこうと、きめてました。
アコギとオルガン主体のアレンジも気に入っています。特にサビ終わりで急にすとんと静かになるところ、これは作曲したときからあったイメージです。

これで全曲紹介は終了ですが次回、総括とジャケットとかの話をちょこっとしたいと思います。


このアルバムに興味をもたれた方。9曲入り500円の激安CDです。ぜひ聴いてください!
nostalgie
エーテルスケッチ6thアルバム
nostalgie
JMCR-0013
500円(税込)

詳細はこちら


関連記事
テーマ : 作詞・作曲  ジャンル : 音楽

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2020