FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: ライブレポート

Tags: 吹奏楽  

Comment (0)  Trackback (0)

母校の定期演奏会に行ってきた【前編】

こんにちは。社長です。

実は高校の頃は吹奏楽部員だった社長。今回我が母校小松市立高等学校吹奏楽部が第30回のメモリアルな定期演奏会を行うということで卒業後初めて定演を見てきました。

なんせ車で片道4時間ですからね。

社長の時代は夜の1回公演でしたけどここ数年は昼の部・夜の部の2回公演だそう。大変だあ。

社長は昼の部を観にいったんですけど開場30分前から小松市公会堂を取り囲む大行列。おい、おまえらB'zがくるわけじゃないんだぞ、と。

昼だけで来場1200人越えで立ち見がずらっとでました。なんとか座れてよかった~。

吹奏楽ファンなら分かるとおもうんですけど大概こういう演奏会は第1部クラシック、第2部ポップス、第3部マーチングになっています。(うちらだけ?)

第1部に入る前のオープニングで校歌演奏。うわっ、なつかすい。ひっさしぶりにきいたわーってかこんな曲でしたね。

顧問の木村有考先生の指揮による第1部は「サンライズマーチ」「『薔薇戦争』より『戦場にて』」「ウインドオーケストラのためのマインドスケープ」の3曲。やっぱり序盤緊張というか硬さがあるなあと感じました。「戦場にて」は低音パートがかっこよかったですね。社長はチューバ吹いてたので注目してしまいます。「マインドスケープ」はパーカスがめっちゃかっこいい曲。この3曲目が迫力があって一番よかったです。このノリで夜の部に来る人はもっといい演奏が聴けるんだろうなと思ってみたり。

続いて30回記念の特別企画「OB吹奏楽団ステージ」

実はこれを楽しみにしてきたんです。小松市立高校はもともと女子高で社長入学したのが男女共学第1期だったんですけど、その30年前からの歴代OBオールスターバンドの演奏が特別にありました。社長の同期や後輩も出ていて今なお楽器を吹き続けているひとからこれを機に久しぶりに楽器を手に取った人まで大集合。でも共通してるのは音楽が好きってことなんでしょうね。3曲やったんですけどこれも歴代指揮者が1曲ずつ振るというメモリアルな内容。

1曲目は3代目指揮者桶川亮一先生による「ファンファーレ・レジェンド・ワン」。桶川先生は社長の代の顧問の先生で男女共学化とともに赴任してきた先生。久しぶりにお会いしました。音楽コースの生徒や中学からの経験者だらけの吹奏楽部でド素人社長をよくぞ起用(?)してくださいました。演奏はペットの音もっとくれー、と思ったけど楽しく聴けました。

2曲目は2代目指揮者田中哲臣先生による「マーチ・ゴールデン・イーグル」田中先生はお噂はかねがね…、という人物でしたが初めて指揮振ってるのみました。同期が弦バスなんですけどめっちゃ細かい譜面で必死に弾いていましたがんばれ。そしてこの曲では現役部員たちが合唱で参加というコラボレーション。盛り上がりました。

3曲目は初代川越英清先生による定番曲「アフリカン・シンフォニー」御歳70の優しそうな方です。初めて定期演奏会を企画しその成功のために駆けずり回った当時のお話などが聴けました。偉大な先達に感謝です。曲はいかにも「アフリカ」なパーカッションがかっこいい勇壮な曲。

みなさん大変すばらしい演奏でした。自分は素人みたいなあの中では素人みたいなチューバ吹きでしたがこの30年の歴史のすみっこの方に携われていたことをうれしく思います。

もりだくさんの第1部が終わり、再び現役部員たちにバトンタッチした第2部、第3部は後編で。


関連記事
テーマ : 吹奏楽  ジャンル : 音楽

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2020