FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: エーテルスケッチ

Tags: エーテルスケッチ  nostalgie  レコーディング  

Comment (0)  Trackback (0)

『nostalgie』全曲紹介1「TVのドキュメンタリー」

こんにちは。社長です。

さて皆様、エーテルスケッチのニューアルバム『nostalgie』はもう聴きました?(←買ってること前提)

聴き倒している人もまだ聴いていない人も 『nostalgie』を120%楽しんでいただくために ニューアルバム恒例の全曲紹介をしたいと思います。毎回エーテルスケッチのアルバムに関してはCDの歌詞カードに曲解説が掲載されていたのですが今回は紙面の都合上のっけられなかったのでこのブログが唯一の曲解説になります。

1回目は1曲目「TVのドキュメンタリー」(words&music JUN MITAMURA)

TVのドキュメンタリーで どこかの国の子どもが映って
明日食うものにも困ってるなどと言ってる

それを映すブラウン管の置いてある僕の部屋は
相変わらずひどく汚れていてイヤになる

僕は自分が情けなくなるけれど
明日になればまた気になるあの娘の口説き文句でも考えたりしてるんだろう

天使でも悪魔でもなく でも時には自分のしたことで
眠れなくなるくらいヤな気分になる

金持ちと貧乏人が かわるがわるTVにでて
人間は決して平等じゃないことを知る

僕は自分が何者かと問うけれど
できることといえば今日一日を精一杯に生きてやることだけなんだろう

How do you feel it?
How do you feel it?

僕はまだ聖者にはなれず 運のいい人たちをねたみ
自分の身の上を嘆いたりもしてる

それでもドキュメンタリーで どこかの国の子どもが映ると
自分はまだましだなんて胸をなでおろす

僕は自分が情けなくなるけれど
明日になればまた気になるあの娘の口説き文句でも考えたりしてるんだろう

僕は自分が何者かと問うけれど
できることといえば今日一日を精一杯に生きてやることだけなんだろう

How do you feel it?
How do you feel it?


歌詞についていえばものすごくタイミングが悪いというか、表面的な捉え方をすれば今回の震災のようなことも「自分には関係のないこと」と切って捨てるような捉え方をされかねないなとほんとにリリースのぎりぎりまで悩みました。現実は創作より過酷で「どこかの国の子ども」の話はリリースされる頃には「この国に生きる私たちの子ども」の話になっていました。

どんなに心動かされても変わってやれないんですよね。本当に平等じゃない。今もどこかで誰かが幸せになり誰かが悲しみを抱えている。この1ヶ月で僕らはリアルにそれを感じているけれども本当はずっとそうだったんですよ。「How do you feel it?」感受性を閉ざさず直視することをやめない。その上で「できることといえば今日一日を精一杯に生きてやることだけなんだろう」ということです。これがこの歌のテーマ。他者を見る歌に見えて自分と向き合うための歌なんですね。

曲としてはこのアルバムの中で一番最初に収録候補にあがった曲です。細かい譜割で早口というのが一番の特徴ですけどこういうのが音楽をやるぞという初期衝動が詰まってる感じでいいなと思っています。

さらに勢いをつけるためにほぼすべての部分をハモってます。これはなかなか面白かったです。ただうちの相方は基本早口が苦手でしてボーカル録りで一番時間がかかったのがこの曲でした。そりゃもうカミカミで(笑)

あんまりかむもので休憩がてら社長がちょっとお遊びで近くにあったタンバリンをちょっとたたいてみたんですよ。遊び半分なんで本当にもうずれずれなんですけど。それもそのまま使っています。多少ラフですが完璧を目指さない、というのがこの曲に関してはありました。前作『恋愛写眞。』がわりとかっちり作ったアルバムなので今回はもっとくずしたところはくずしてもいいだろうと。勢いのほうを取りました。

アレンジはアコギとタンバリンだけというシンプルなもの。アコギにこだわっていた初期エーテルスケッチを意識してみました。初期から聴いてくれている人にはニヤッとしてもらえるのではないかと思います。

曲順としては1曲目にしたいということを個人的に推させていただきました。「セット・ミー・フリー」でもよかったけどこっちのほうが作りこんでない勢いがあって面白いなと思ったので。


このアルバムに興味をもたれた方。9曲入り500円の激安CDです。ぜひ聴いてください!
nostalgie
エーテルスケッチ6thアルバム
nostalgie
JMCR-0013
500円(税込)

詳細はこちら




関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2020