FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽-その他

Tags: 特集  

Comment (0)  Trackback (0)

あえてド定番をはずすクリスマスソング特集

こんにちは。社長です。

この季節になるといたるところでクリスマスソングが流れます。皆さん正直うんざりしませんか?毎年毎年おんなじ曲をかければいいと思っている思考停止状態に。山下達郎とジョンレノンとワムとマライアとB'zかけときゃあ…みたいな安直な感じ。さすがにあきますわ。

もっとあるだろクリスマスソング!

そんなわけで長い歴史のなかで埋もれてしまった(かもしれない)ラジオDJたちがたぶんあまりかけないクリスマスソングをたわごと的にピックアップしてみます。


もしも毎日がクリスマスだったら /Scanch

ほらどうです、みなさん。すかんちですよ。圧倒的に王道のクリスマスソングっぽいのに存在がどうしてもB級。社長はそんなすかんちが大好きです。




東京クリスマス/電気グルーヴ

ああ、このめちゃめちゃかっこいいけどまったくクリスマスを感じさせないトラック。そして「もてない」感がにじみでる歌詞。これぞ電気グルーヴ。間違いなくラジオで流れない。




Kiss,Merry X'mas/中西圭三

ここらで普通にいいやつを(笑)。この曲のリリース当時、「クリスマスソングといえば悲しいのが多いから」という理由で明るいクリスマスソングを作ったと本人は言っておられました。




遥かなるクリスマス/さだまさし

さだまさしが歌うとクリスマスも恋人の歌から平和への祈りの歌に変わります。じっくり歌詞を堪能したい曲。




Slide/Flipper's Guitar

若かりし日の小山田圭吾と小沢健二。鈴の音がなければクリスマスソングっぽくない気もしますが幻想的な雰囲気がいいです。ふたつのメロディ、歌詞が同時進行するサビに結構影響受けました。




チキンライス/浜田雅功と槇原敬之

記憶に新しい人も多いかもしれません。天才槇原敬之の曲もさることながら松本人志の歌詞が秀逸。クリスマスソングというと恋人同士の歌になりがちだけど親子の歌にしあげた発想はさすがとしか言いようがありません。




杉山清貴/最後のHoly Night

これは王道かもしれませんけど。なんか懐かしいので。こういう都会的ないわゆる「シティポップ」が最近全然なくなりましたね。





大ヒット曲ですけど。これもクリスマスソングですよね。メロディとアレンジは普通の良フォークロックですが。




恋バス/矢井田瞳&恋バスBAND with小田和正

豪華スペシャルバンドでんがな。矢井田瞳いい歌うたうなあ。




悪魔のメリークリスマス/聖飢魔Ⅱ

最後はこれでしめときましょうか。ジャパニーズメタルのよさは意外にメロディがいいところ。悪魔がクリスマスを歌うという完全な出オチ的ネタソングもそれなりに聴けてしまうのは彼らの演奏力の高さゆえ(笑)。



さていかがだったでしょうか。ざっと10曲。B級から王道まで楽しんでもらえた事と思います。ブログを初めて4年、毎年やろうかやるまいか悩んでいたクリスマスソング特集ですがついにやってしまいました。ちなみに社長のクリスマスの予定は会社で窯の番ということになっております。Hory night.


関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2020