FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (2)  Trackback (0)

音楽一盤 第4回 『ダイナミック・デュオ/ジミー・スミス&ウェス・モンゴメリー(1966)』

こんにちは。社長です。

ひさびさの音楽一盤のコーナーです。んでもって今日はジャズのいいやつを紹介します。



もうジャズ好きの人ならね、この2人の名前を聞くだけでドキドキもんだと思いますが。ジャズの歴史を語る上ではずせない巨人2人ががっつりデュオを組んだこのアルバム。社長の生まれるはるかはるか昔の1966年の録音です。

一応音楽紹介のコーナーなので「知らん!」と言い切る画面の向こうのあなたのためにも2人を紹介させていただきます。

まずはジミー・スミス。オルガンプレイヤーです。オルガンつっても学校においてあったああいうのじゃないですよ。ハモンドオルガンといいまして独特の厚みのあるあたたかい音がするオルガンです。特にB-3という商品名のオルガンとレスリースピーカーという特殊なスピーカーが独特なサウンドを作るとか何とかマニアックな話はさておき。彼のプレイが後の世に与えた影響は計り知れないものがあると思います。オルガンを伴奏楽器ではなく演奏の主役まで押し上げたその功績からジミーはジャズファンだけでなくロック、ファンク系のリスナーにも人気があります。

そしてウェス・モンゴメリー。全ジャズギタリストの憧れの人でありかくいう社長も(←全然ジャズギタリストじゃないけど)ギターのコピーに夢中になった人です。オクターブ奏法という独特の奏法でジャズギターの表現力を広めました。

そんな革命児2人のデュオ、楽しくないはずがない!・・・のですがまず注目はオリヴァー・ネルソンの指揮するオーケストラ。どうしたんだ!?っていうぐらいグルーヴィ。例えば1曲目の「ダウン・バイ・ザ・リヴァーサイド」はイントロから最初のテーマ全編、主役2人は演奏していないのですがこのオケの演奏だけでもう本当に楽しくてしょうがない。ぜひ大音量で聴いてみてください。身体が引き込まれるから。続いてジミーのソロ。クールすぎる。もうなんか初めて聴いたとき大爆笑してしまって。あまりにかっこいい音楽を聴くと笑ってしまうみたいですよ、人って。さらにウェスのソロ。お得意のオクターブを高速でもきめるきめる。難しいんだよな~、これ。ジミーとウェスが同じフレーズを交互に受け渡してくとこは最高にスリリングです。

2曲目の「ナイト・トレイン」はブルースナンバーなんですけどこの人たちがやるとブルース臭くない、とうかクール。歯切れの良いはねたオケの演奏がこれまた楽しすぎます。

3曲目、「ジェイムズ・アンド・ウェス」。ジェイムズはジミーの本名でしょうなあ。ジミーのオリジナルナンバー。この曲はオーケストラではなく2人にドラム、パーカッションを加えたシンプルな編成。(ジャズではオルガンのセッションにベースが入らないことも多い、低音でるしね)

あと2曲ありますが時間の都合上割愛(おいっ)、社長は断然最初の2曲が好きですので。

というわけでジャズ界の巨人2人ががっぷり腕を組んでレコーディングしたこの作品(実際、ジャケットでは2人ががっぷり腕組んでサンドウィッチ食べてます、なんじゃそら)、「今日はグルーヴィな気分だぜ~」ってときにオススメなのです。
関連記事

Comments


今日はしゃちょさんありがとう。美術館にかざってあった振袖やらの和服について語る姿男前でした。と『アトリエぱんだ』ただいま聞くCDがありません。おすすめものなどを貸していただきたい今日この頃です。

社長セレクションでよければいろいろお貸ししますよ。香港で大人気だったあのバンドから歌手なのに歌ってないCDをだしちゃったあの人まで、まったくつぼを押さえ切れてないセレクションでよければいつでも。






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2020