FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: エーテルスケッチ

Tags: エーテルスケッチ  恋愛写眞。  

Comment (0)  Trackback (0)

『恋愛写眞。』全曲紹介④「船上レストラン」

こんにちは。社長です。

さてエーテルスケッチのニューアルバム『恋愛写眞。』から「船上レストラン」という曲をご紹介。

この曲は別れの歌です。それも船上レストランというカッコウのデートコースで男が別れ話を切り出すというのだから変な話です。なんでそんなシチュエーションで?って感じですがそういうストーリーが浮かんだんだから仕方ありません。

昔、チェッカーズの歌で「One more glass of Red wine」って曲があって「今宵のふたりはグラスを傾け 別れ話さ」なんてシャレたことを言っていましたがこの「船上レストラン」もそんな感じです。

ウソです。当初はそういうキザな感じを狙って場所まで作詞家たる社長が設定したのにいつの間にかどんどんみじめたらしい歌になりました。彼女にほかに好きな人ができたことを知った男がかっこつけて「新しい恋に素直になれよ」なんて言いつつ、彼女を送り出したあとでぼろぼろに泣き崩れるというちょっと情けない感じになりました。作詞家が最初にどう思っていようと登場人物が勝手に動き出すこともあります。そいつをメモを取るように鼻歌で口ずさんでこの曲はできました。

メロディーラインは結構王道のバラードかなと思ってますのでこれは村田勇人の出番だろうということでボーカルは完全にお任せしました。「ラブ」にしてもこの「船上レストラン」にしても今回は村田君が「自分なりに歌わせてくれ」といったので作曲者の意図とはまた違う彼なりのメロディーの崩し方をそのまま録りました。

間奏でサックスソロが入っています。海といえばサックスじゃない?みたいなベタなアイデアに村田君も賛同してくれました。もちろん本物のサックスがあるわけではないのでMIDIによる打ち込みなのですが、のっぺりと機械的にならないように注意しながら打ち込みました。最低限度の表情はでてると思うんですけど。みなさんそこのところ聴いてみて!

さてアルバム全体としては付き合い始め→関係を深め→互いの隙間に気付き→別れる、というところまでストーリーが進行してまいりました。5曲目ではどうなるのか?次回こうご期待。じゃじゃん。
(なんのこっちゃ)

関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2020