FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 日常

Tags: 北斗の拳  

Comment (7)  Trackback (0)

北斗の拳について熱く熱く語りたい!

こんにちは。社長です。

以前、「北斗の拳について熱く語りたい!」という記事を個人的には恐る恐る書いたわけですが、それが一部の北斗フリーク達に思わぬ反響を呼びました。というわけで気をよくしまして今回は第2弾、映画「真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝」の感想を中心に熱く語りたいと思います。



この映画「ユリア伝」というだけあってユリアをおもいっきりフィーチャーしたものになってます。どう考えても「サウザー伝」だったのに「ラオウ伝」と謳った前作よりは真摯な態度です。

北斗の拳をあまり知らない人のために・・・。ユリアとは?
主人公ケンシロウの彼女にして登場人物の男性人物の過半数が想いを寄せた女性。・・・のわりに原作ではいまいちキャラが薄いというか、シンやラオウやトキが彼女を愛する根拠となる魅力がいまひとつ伝わりにくかったのですが、個人的には。まあ少年誌でアクション漫画なのでそこらへん致し方ないとは思いますが。

その辺が「ユリア伝」では色濃く描かれるのでは、と思いつつ観賞。ストーリーの方は・・・、ユリアの生い立ちを追いながら原作でとめどなくでてきた後付設定を時系列順に正しく並べた、という感じでしょうか。

幼少期にリュウガとともにいる描写あり→リュウケン以下北斗一門に預けられる→時は過ぎシン編突入→シンにとらわれ城から飛び降りる→南斗五車星に助けられる→自分が南斗最後の将であることを知らされその運命を受け入れる→ラオウ軍と戦う勢力を持つため密かに南斗の義勇軍を集める→ケンシロウVSサウザーの戦いを密かにバックアップ→終わり。

まー中途半端ですよ。上はとりあえずストーリーをなぞっただけですが映画的にもストーリーをなぞっただけなんですよ。原作のごちゃごちゃをユリア視点でまとめただけ。正直「映画」としてどこで楽しんでいいか分かりません。

それとやはりユリア自身のキャラクターがぱっとしません。いろいろあるのかもしれないですけどなんか優等生過ぎるんでしょうね。ユリアには未来を見る能力があるがゆえに南斗最後の将に選ばれたとかまあ設定のごり押しで人間的じゃない。

いいところを挙げるとすればちょい役ででてきた南斗水鳥拳のレイとなぜか戦う五車星がいかしてたぐらいでしょうか。炎のひととか、水のひとは原作ではぱっとしませんでしたからね。

ようはストーリーの盛り上がるところにバトルがないとアクション漫画はだめなんですよねきっと。その点では「ラオウ伝」は確かによかった。社長も昔は人間ドラマだけで北斗が作れたり、ガンダムがでてこなくても人間ドラマだけで「機動戦士ガンダム」はおもしろいんじゃないかと思ったこともありましたがそれは間違いでした。やっぱりバトルがないと北斗じゃないし、ガンダムがでてこないアムロはうっとおしいだけだし、必殺技名を叫ばない聖闘士聖矢はものたりないものです。

辛口になりましたがこれは前回と同じサウザー編の最後でストーリーが途切れたためとも思います。ユリアの最大の見せ場はラオウに殺されることを受け入れるシーンだと思ってたのでそこが描かれていないのが残念なのです。

関連記事

Comments


今回は他の北斗フリークのお方にお願いして「花の慶次」派のぱんださんはスルーしようと思っていたのですが

ついに社長さんがしびれを切らし
涙を隠してノーベル賞の記事をアップしてしまったのをみすごすわけにはいかず。

こんなことならもっと早く返信しておけば。すまぬ。

北斗ファンは基本戦いのシーンに熱くなっているのだから、ユリア伝という視点がすでに間違っているような気もいたします。

雲のジュウザ伝の方がきっと面白いのだろうけれども。内容がすくなすぎるか。

>ぱんださん
お心遣い痛み入ります。
ええ、おっしゃるとおりユリア伝という視点がどうにもなわけですよ。そういえばこの映画ではジュウザはでてきませんでした。たぶん原作者が適当な設定で作ってしまった2人の「ユリアの兄」ジュウザとリュウガをうまいことつじつま合わせれなかったのではないかと思ってます。
いつかぱんださんが「花慶」記事を書くことを願っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうもコメント送信できない理由が分りました!URLがどうも引っかかっていたみたいで!
さて本題に戻りまして!
何気に劇場版北斗の拳また一度も見ていないんですよね~
そしてユリア!自分も当時南斗六聖拳最後の将という設定には「おい!おい!」って感じでしたよ~!(笑)
自分も社長さんと一緒でユリア最大の見せ場はラオウのあの一撃入れられるあのシーンですかね!「このラオウにもまだ涙が残っておったわ」のあのセリフもまた好きです!

そして最後に!サウザー編のシュウとシバの生き様を小学生の道徳の授業で取り入れるべき!などと思っております!(笑)

>kazbizenさん
コメント入らずにご迷惑おかけいたしました~。迷惑コメントが多くなってきましたので「http」を禁止ワードにしてみたら皆さんにご迷惑をおかけしたみたいですね。解除しときました。

そして!ユリア!最後の将の「最後」ってのも意味分かんないじゃないですか。「登場順?」みたいな。力関係で言えばサウザーだろうし。そこらへんもこの映画ではちょっとした新解釈がなされていました。ただいかんせんストーリーがサウザー編でぶった切れるところが中途半端なのです。

いえいえ…なんか気を使わせてしまったみたいで申し訳ないです…(送信できなかった原因が分ったのでもう禁示キーワードで設定してもらって大丈夫ですよ)
前回書き足りずウズウズしてきたので再びコメントです…(笑)
それにしましても劇場版…
自分もなんか見るのに抵抗があるのが声優さんがテレビ放映の時と代わってしまったがどうしても今すぐにでも見てみたい!という気を起こさせないのかな~などとふと思ってみました…
(社長さん的には声優のが代わってしまった事は違和感ありましたか?!許せる範囲でしたかね!?)
それからこのユリア伝では五車星の炎のシュレン?!風のヒューイ?!レイとバトルあるんですね!本編ではラオウに秒殺されたヒューイ、シュレンがレイと戦うってシーンはさすがに気になりますね!

>kazbizenさん
五車星へのくいつき、さすがです(笑)
ストーリーの核心には触れたくありませんがレイがケンシロウと出会う前にユリアと接触していてユリアからケンシロウに会うことを促されるシーンがあるのですが…、正直それはないと思いました。

声優さんは…、特にラオウは違和感感じる人が多いのではないかと思います。ただ個人的にはテレビアニメと切り離して新作映画としてみてるので許容できます。どっちかというとテレビアニメのケンシロウの方が「眉毛太すぎだろ」とか思ってた口なので(笑)






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2020