FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第21回『Riding with the King/Eric Clapton & B.B. King(2000)』

こんにちは。社長です。

今日は暑い夏に負けない熱いロック・ブルースアルバムを紹介。なんたってギターの神様クラプトンと彼がもっとも敬愛するミュージシャンのひとりB.B.キングとの共演盤なんだもの。かっこよくないはずがない。


1. Riding With the King
2. Ten Long Years
3. Key to the Highway
4. Marry You
5. Three O'Clock Blues
6. Help the Poor
7. I Wanna Be
8. Worried Life Blues
9. Days of Old
10. When My Heart Beats Like a Hammer
11. Hold On! I'm Comin'
12. Come Rain or Come Shine

なんたってジャケットがまずかっこいいですよ。CD聴かなくてもいいからジャケットだけ飾っといてください。(そんな無茶な)

ばかでかいいかにもアメリカな高級車にBBとクラプトンが乗り込んでいる。傍らにはそれぞれの愛するギター、ルシールと黒いストラトキャスターが横たわっていて、超大物のクラプトンがキングのために自ら運転手を務める。なんて絵になるシーン。かっこよすぎ。(ちなみにルシールというのはギターの商品名ではなくてBBがギターにそう名づけて呼んでいるもの)

そのジャケットの世界観そのものの1曲目「Riding With the King」。オリジナルではなくジョン・ハイアットのカバーなんですけどまさにこの共演盤の1曲目にふさわしいナンバー。「キングと走ってるんだぜ!」っていうクラプトンのテンションの上がり具合が伝わってきます。

BBのブルースナンバー「Ten Long Years」かっこよい。ハチロク系の(8分の6拍子ってことね)ゆったりとした王道ブルース。左からクラプトンのギター、右からBBのギターと歌が聴こえてきてちゃんと聞き分けられるようになってます。

クラプトンはとにもかくにもブルースに憧れ続けた人だけれども彼はもちろんロック・ポップスターとしての宿命も背負っているわけだから全編ブルース中心のアルバムは意外と少ない(と思う。)
それを彼の一番のアイドル、BBとやるのだから喜びもひとしおでしょう。

「Key to the Highway」は枯れたブルースギターがかっこいい明るめなブルース。
「Marry You」はクラプトンのワウのかかったギターがかっこいいロックナンバー。BBの力強いボーカルが相変わらずかっこよい。
「Three O'Clock Blues」はBBが一躍全国区で活躍するブルースマンに押し上げたヒット曲。オリジナルではストリングスが入っているんですが当時ブルースにストリングスを入れるなんてことは前代未聞のことで革新的なことでもありました。

BBのブルースはいわゆるブルース臭くないという人がいます。その意見実は社長も分かります。ブルースは黒人の悲哀を歌った音楽だ、と確か昔の音楽に書いてあった気がします。奴隷制度があって長く黒人差別の続いたアメリカだからこそブルースは育ったのかもしれません。でもBBの音楽は違う。ブルースというスタイルはそのままにヒットチャートに送り込めるだけのポップソングまで昇華させた。それは口で言うほど易しいことではないし想像を絶する苦労もあったろうと思います。でもBBは世界でもっとも成功したブルースマンになり、またブルースマンという職業が確立されました。

その後白人でありながらブルースに恋焦がれ続けたクラプトンにも社長は同じ要素を感じるのです。だからこそ彼らのブルースはとっておきにかっこいいけれど必要以上に泥臭くない。

ああ、ラストナンバーを社長が大好きなスタンダード「Come Rain or Come Shine」で締めてくれてうれしいなあ。

「雨が降っても、晴れていようと。そこにギターとブルースがあるかぎりクラプトンとBBは最高だ!」
関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2020