FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: A to Z

Tags: AtoZ  Dr.ハーロウの実験室  

Comment (0)  Trackback (0)

『Dr.ハーロウの実験室』全曲紹介⑧飛行機雲(弾き語り)

諸君。ハーロウだ。

早速講義を始める。アルバムのラストを飾る「飛行機雲(弾き語り)」。オリジナルは2006年発表の3rdアルバム『cabaret』。弾き語りというだけにまさしくギター1本、声ひとつ。オリジナルでは社長本人の声をかぶせてコーラスを入れているがそれもなくシンプルなアレンジがなされている。

この極限まで贅肉を削りに削った状況でオリジナルバージョンにはない新しい表現力が出てこないかというのがこの実験の趣旨である。声を重ねたり、ギターを何回も重ねて録音するいわゆるオーバーダブに普段慣れすぎていることでひとつひとつの音に対する執着が薄くなっているのではないかという仮説に基づいている。

結果から言うと新しい三田村潤が見えてきたと思う。この曲のレコーディングには通常以上の緊張感があったということであるが今までにないボーカルの味を出すことに成功した。息づかいが分かるほどの「近さ」があるし声に表情がでていると思う。

とはいえまだ荒削りな部分も多々あるが。それは今後私の関与しない場面でもますます成長していくものと思う。

一応これで全曲の紹介を終えた。この『Dr.ハーロウの実験室』は過去楽曲と新曲を大胆に編集したアルバムとなっているがこれからも続くA to Zの音楽遍歴のなかでひとつの重要なターニングポイントとなることを期待している。自分で言うのもなんだがA to Zフリークにとってはマストアイテムである。

私の講義も今回で終わり次回からは通常更新の「社長のたわごと」に戻るはずなのでともどもよろしく。それから社長を押しのけた形で長々と老人の与太話に耳を傾けてもらった諸君らに感謝する。
それではまたいつかどこかで会おう。










---------------------------------------------------
こんにちは。社長です。

えー、ハーロウ先生の気も済んだことですし(失礼)、次回からやっと「社長のたわごと」復活です。なんにせよ今回の『Dr.ハーロウの実験室』は社長にとってもとても新鮮な体験ばかりで、そもそも外部プロデューサーとタッグを組んだことも初めてなわけで、先生のレコーディング中のちらちらっとした毒舌とか舌打ちとかまあ印象に残りました。でも新しいA to Zを随分引き出してもらったように思います。

さあ、世間ではゴールデンウィークが始まり皆さんはどのようなご予定でしょうか?社長は・・・、何しようか?
関連記事

Comments






プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019