FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: A to Z

Tags: フェイクカバー  

Comment (0)  Trackback (0)

フェイクカバープロジェクト

こんにちは。社長です。

ようやく新しいA to Zのプロジェクト「フェイクカバー」から1曲お聞かせできる目処が立ってきました。詳しい楽曲の詳細はまたのちほどやるとして、そもそも「フェイクカバー」プロジェクトってなんぞ?ってところをお話したいと思います。

発端は常々思っていた「カバー曲をやりたい!」という欲求からスタートします。

まあ、「勝手にやればいいじゃん」て話しなのですが、諸兄ご存知のように他人の楽曲は著作権というもので守られているわけであります。これを乗り越えようとするとものすごい手間とお金がかかる話になります。

いや、勝手にやればいいんですよ。「個人で楽しむ分には」。でも社長音楽的自己顕示欲丸出しですから作った以上はみんなに聞いてもらいたいわけですよ、「ドヤ」と。ネットにも配信したいし。ジョイレコからCDの形でリリースもしたいんです。やる以上は。

というわけで著作権という至極全うな壁にあっさりと阻まれましてカバーソングをするということは失敗に終わったわけです。

ならばと。

ここでひらめくわけです。

「自分で作ってしまえと」

諸兄の頭の中の「?」マークもごもっとも。つまりこういうことです。例えばAというアーティストがいたとして、Aが作りそうなメロディーで、Aが書きそうな歌詞で、Aがやりそうなアレンジで「社長が」楽曲を作り、Aが歌いそうな歌い方で「社長が」歌う。

自給自足のカバー曲風活動。これが「フェイクカバー」プロジェクトのすべてです。

アーティストというのは普通自分の胸の奥にあるアイデアやら思いのたけをぶつけて曲を作り演奏します。「フェイクカバー」では自分を徹底的に無視します。頭の中を洗脳してAになりきります。いかになりきれるかがすべてです。

これは新鮮で楽しくもあり難しいことでもあります。価値判断が「いいか悪いか」ではなく「Aっぽいか否か」になります。今までまがりなりにも培ってきたA to Zらしさは全否定です。

今後リリースされる楽曲で「なんかいつもと違うな」「これってなんかに似てるな」と思っていただけたら社長としてはしめしめです。

今気づいたんですけどそれってパクリというんじゃ…

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2015
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。