FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽-その他

Comment (0)  Trackback (0)

楽器屋さんでのギター試奏、それはプレッシャーとの戦い

こんにちは。社長です。

先日、久しぶりに楽器屋さんにいってきました。今住んでいる町には楽器屋さんがないのでわざわざ名古屋・栄という大都会まで足を運びました。

その目的はずばり「ギターを弾いてみたい!」

社長実は高校生の頃に今使っているエレキギターを買って以来、ギターを買ったことがないんですよ。マジかよってレベルですけど。

社長のメインギターといえばV字型が特徴的ななかなかイカしたルックスのギターなんですけどエレキギターと一言で言ってもいろいろあって。Vさんはハムバッキングピックアップという種類のピックアップ(マイク)がついているんですけど、最近の自分のプレイスタイルを考えるとこれだけでは足りなくなってきているなと思ってました。いわゆるシングルコイルピックアップのやつがほしいと思い始めているわけです。

まあ、思ってるだけで実際そんなにたくさんのギターを弾いたことがないのでどれがどういう音をするのか知りません。というか今までギター自体の音色というものにまったく無頓着だったことに気づき恐怖すらしています。というわけで楽器屋さんを見に行こう。あわよくば試奏させてもらおう。うっかりすると買っちゃうかもね。ぐらいのドキドキのテンションで名古屋に向かったわけです。

ついてみるとこれがまたすごい数のギターがあるわけですよ。その中でルックスで真っ先にひかれたのがこれ。

JG/HO

Fenderというとギターを少しでもかじったことがある人なら誰でも知ってる超有名&超一流メーカーのギターです。ジャガーという名前で(横田ではない)昔から人気のあるモデルですが社長が見たのはこのfホールの空いたタイプのもの。

ちょっとめずらしいじゃないですか。ひとめぼれしました。ちょっと弾かせてほしいな~、などと思うがなかなか店員さんを呼べない社長。小心者です。

だってなんか白髪の紳士がバリバリうまそうな雰囲気出して試奏してるし。なんかハーモニクス「キーン」ってだして細かいとこまでチェックしてるし。社長そんなんわかりません。

とりあえず近年まれに見る勇気を振り絞ってジャガー・fホールちゃんを弾かせてもらうことに。周りの視線が怖いぜ(←自意識過剰)

なるほどなるほど高温がキンキンする独特の音です。しかも何やらボタンやつまみがいっぱいついていてかなりギター側で音作りができるみたいです。

気に入った!けど値段が高いです。

15万円って。さすがに…。

というわけで10万以下くらいでかっこいいのを店員さんと探すことに。
それで弾いたみたのがこれ。

TN-SPL

同じくFender社のテレキャスター・シンラインというギター。つまるところ社長このf字型の穴にぞっこんなのです。値段も8万台とさっきにくらべればお手ごろ。音はなんというか王道。ジャガーみたいな癖はないので幅広いジャンルで弾けそうです。さらにシングルコイルだけでなくフロントにハムバッキングピックアップも搭載していてこれを組み合わせると多彩な音作りができそうです。

これも気に入った!

…とはいいつつもさすがに即決できる金額でもなく後ろ髪引かれるおもいで帰ってきました。でもああいう音のギターが今後必要なことは間違いなさそうです。この10年以上、いかに自分が楽器の音に無頓着であったか、反省。

さあ、貯金しますか。

関連記事
スポンサーサイト




プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2011