FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: A to Z

Tags: レコーディング  DTM  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽制作中&モニタースピーカー登場

モニタースピーカー

こんにちは。社長です。

音楽の秋です。まあ誰が言い始めたか知りませんが読書の秋だ芸術の秋だとなぜかしきりに秋を強調したがりますが別に秋でなくてもやることはやります。そう音楽を作っています。

ひさしぶりにソロ作品に向けたレコーディングなどをして1曲くらいは割とはやくお聞かせできることになるかもしれません。

ところで上の写真です。

両側にご注目下さい。この黒い箱に白い目玉のついてるものはスピーカーです。さらにジャンルを絞るならばモニタースピーカーというものです。無論音楽を聴くためのものですが通常のスピーカーと用途の違うところは「いい音で音楽を楽しむ」ためのものではなく、化粧っけのない環境で音の粗探しをするような、そんなスピーカーです(たぶん)。このたび初めて購入しました。

え?

じゃあそれまではどうしていたのかと。

一応DTM(コンピューターによる音楽制作)を10年以上やってきておまえはどうしていたのかと。

実は最近ではテレビにつないでテレビの内臓スピーカーから音をだしていました。最低ですね。基本的にすべて独学でやってきているので誰から教えられるでもなく「まあ音がでてればいいんじゃね?」的な形でやってきたのですが実際にモニタースピーカー繋いでみて反省しました。

やっぱり素人の耳の自分が一番痛感したのは定位。各楽器、パートが左右どのあたりから聞こえてくるのかということですね。これがはっきりわかる。ちゃんと各パート毎に何がどう鳴っているか分かりやすいということですね。

その上で自分の旧作品を聴いて唖然。やたらドラムが大きかったり、ベースだけが前にでていたり。まあこれは当時の自分のミキシングの技術が今よりももっと稚拙だったということに尽きるのですが。今後このモニターを基準に音を作っていけば他のCDプレイヤーだったりカーステレオだったりで鳴らしても平均的にいい音で作れるようになるのかなと期待しています。

そのためにはこのスピーカーでいっぱい他の人のCDを聴いてどういうバランスで音楽ができているかもっと真剣に聴かないといけないんでしょうね。

一応買ったのはこれ。


BEHRINGER MS20BEHRINGER MS20
()
BEHRINGER

商品詳細を見る


ちなみに世の中には専用のスピーカースタンドというものがあるそうですがこれが「スピーカーより高いんじゃね」ってくらいの驚きの値段なので社長はそこまではこだわれず上の写真のようにホームセンターの組み立て式の棚を買ってきておきました。でもスピーカーがちょうど目線の高さ(耳の高さ?)にきて都合がよかったです。

それでは秋の夜長の?音楽制作がんばります。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2011
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。