FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 日常

Comment (0)  Trackback (0)

ライフ イズ ビューティフル

こんにちは。社長です。

先日岐阜県多治見市のとある骨董屋さんにひょっこり遊びに行ってきました。

ここのご主人がとても親切な人で「これは桃山時代のなんとかで~」とか言って陶片とかもってきて教えてくれるんです。社長は仕事帰りのすごいみすぼらしいカッコであげく若造で商売の足しにならないのはみえみえなのに「ゆっくりしてってぇーなー」とか言ってくださる。

骨董品もすばらしいのですがここの奥様もすばらしいです。愛を込めておばあちゃんと呼ばせていただきますが、このおばあちゃんがつくってる人形が本当にステキなんです。

特別に許可をいただいて写真撮影させていただきました。

人形1
昔の職人さんがロクロを廻しながら絵付けをしてるところ。

人形2
長板で陶器を運ぶ職人さん。

人形3
縄跳びをしている女の子たちを遠巻きに眺める男の子。

こういった人形、というかジオラマがお店の中のいたるところに飾ってあるのです。何が感動するかといいますと技術的なこととかではないんですよ。もちろんすごい上手ですけど「お上手ですね」ですむ話ではありません。ここにかざってある人形たちはすべておばあちゃんが子どもの頃に体験した思い出ばかりなのです。「子どもの頃のことを思い出しながら作っているの」とおばあちゃんは言います。このジオラマはもっと他にもたくさんあって「おねしょした日のこと」とか「学校にいく前に家族のお手伝いをしたこと」とか「駄菓子屋さんでかいものしたこと」とかが日常のささいな、でも大切な思い出がいっぱいあるんです。だからジオラマなんですけどそれは単なる風景じゃなくてどれを見ても瑞々しいまでにストーリーがある。引き込まれるんです。それがすごくリアルで、写真やフィルムなんかよりもよっぽど生身の我々の知らない時代の記憶を教えてくれるんです。

この人形見たらジモッティーな人は「ああ、あの店か」とすぐ分かるでしょうね。一応社長的にはナイショにしておきます。心のオアシスなので。

残念ながらおばあちゃんのライフワークであるこの人形は販売はしていません。でもそれがいい。欲しいけど。


関連記事
スポンサーサイト




プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2007