社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長の失笑系BLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 音楽-その他

Tags: DTM  SONAR  

Comment (0)  Trackback (0)

げ、SONAR開発終了ですか・・・

こんにちは。社長です。

ひっさしぶりのブログ更新なわけですが、社長の些末な日常の日記なんて誰も興味ないだろうし、音楽制作に関わること以外あんまり書く必要ないよね、という自己判断であんまり更新していなかったわけですが個人的にその音楽制作に関わるビッグニュースが飛び込んできたのでちょいとちょいと。

【悲報】「SONAR」の今後の開発終了・生産中止を発表。他DAWソフトへのデータ移行に関して

ええと、この記事のタイトルにある「SONAR」ってのが何かって言いますと、パソコン上で音楽をつくるDAWっていうソフトウェアなんですよ。楽器を打ち込みしたり、ヴォーカルを録音したりできる優れもの。社長もずっとこのSONARを使い続けていました。

というよりSONARの前身ソフトであるCakewalk Home Studioから使用しているcakewalk製品ネイティブなわけです。

それがまさかの今後の開発終了・生産中止。

記事によると元々Roland社傘下だったcakewalk社を4年程前にGibson社を子会社化。ちなみにGibson社はギターの超有名メーカー。結局Gibson社は4年でメジャーなDAWであるSONARをはじめすべてのcakewalk社製品の開発を終了。

何してんの。ギブソン(怒)
レスポールたたき割るぞ!持ってないけど。

割高だけど永続的なサポートを受けられるLife Time Update版を買った社長のようなユーザーの立場は。

ほんと迷惑な話でギターメーカーが色気出して他業種に食いついたはいいが飽きたらポイ捨てみたいなやり方でこれは社長をはじめとして多数のSONAR難民がでるでしょう。

今更他社DAWを一から買って覚えなきゃいけないことを考えると今から気が重いです。

といってもDAWって安いものじゃないので今しばらくはSONARを使い続けますけどね。
スポンサーサイト

Category: 音楽-その他

Tags: 黒沢健一  

Comment (0)  Trackback (0)

黒沢健一 死去

こんにちは。社長です。

久しぶりのブログ更新はとてつもなくショックなニュースを聞いたからです。

http://www.k-kurosawa.com/

社長の音楽人生における最重要人物L⇔Rの黒沢健一が12月5日、脳腫瘍のために亡くなりました。今年10月に闘病を公表しそれから2か月、48歳という年齢を考えるとあまりに早すぎます。

そのメロディーセンスにいつもしびれていました。あこがれ続けてずっと自分も歌を作ってきた気がします。

くしくもL⇔Rデビュー25周年の今年のタイミングで幻のライブ映像がDVD化されるなどと、実弟でありメンバーの黒沢秀樹からアナウンスがあり、もしかしたら活動再開もあるかもと期待を寄せていたところでした。

もう新曲は聞けないんだなあ。

今、社長の胸に流れる曲はソロアルバム『Focus』の1曲目に収録されている、誰かを見送り送り出すかのようなバラード「Grow」

この曲で黒沢健一を安らかに見送りたいと思います。

ありがとう。


Category: 音楽-その他

Tags: レコード  

Comment (0)  Trackback (0)

LPレコードを洗ってみた

こんにちは。社長です。

ハードオフなんかのお店に行くとですね、中古のLPレコードが格安で売られています。専門の中古レコード店なんかだとモノの価値や商品の具合をしっかり査定して値段がつけられているのですがハードオフだと「一律300円」みたいな適当な値付けをされているのでなんやかや買ってしまいます。

陽水ライヴ・もどり道 

それで最近買ったのがこの井上陽水のライヴ盤「もどり道」

ところが盤面を見るとほこりまみれで肉眼でもわかる位のアブラ汚れもある。プレーヤーにかけてみると「ブツブツ」とノイズがひどいし音飛びもします。アブラ汚れの部分じゃなくても目に見えない汚れがあるのか音が飛ぶんですね。

というわけでYouTubeなんかを参考にしながらレコードを「洗ってみよう」となったのです。

用意したもの


たぶん世の中にはレコード専用のクリーナーとかもあるのでしょうが今回は自宅で簡単に用意できて簡単にできるものにしました。

用意したものは以下の通り。

1.キッチンペーパー
2.食器用洗剤(中性洗剤)
3.食器用スポンジ
4.タオル(マイクロファイバー繊維)
5.ドライヤー

以上です。容易に想像できると思いますが本当に食器のごとく洗うだけなのです。スポンジはよくある柔らかい三角状にイボイボついてるのを使いました。いつもの食器洗いに使っているもの…ではなく万が一細かいゴミがついていて盤面を傷つけないように新品を100均で用意しました。一応詳しいやり方は以下に。

LPレコードの洗い方


1.キッチンペーパーを正方形を作るような感じで4枚並べます。ここが作業場。ここにレコードを置きます。
2.食器用スポンジに食器用洗剤を数滴たらして水で少し泡立てたらレコードの溝に沿って円を描くように洗っていきます。
3.片面が終わったらひっくり返して同様に2を。
4.水道水で洗剤を流します。食器洗いの要領です。ただレコードは中心部に紙のラベルが貼ってあるのでそこが濡れない角度で洗い流しました。まあ結局多少は濡れますけど。
5.タオルで水をふき取ります。先ほどと同じようにレコードの溝に沿ってそうっと拭いていきます。ちなみにタオルは普通の綿パイルのものではなくマイクロファイバーのものを使いました。綿のタオルだと細かい糸くずがレコードを傷つけそうだったのとマイクロファイバーの方が吸水性と埃の吸着力がありそうだったので。
6.この時点でほぼOKな気もしましたが念のためドライヤーで乾かしてみました。ドライヤーはもちろんHOTではなくCOOLで。
7.終了!

結果は……?


さて、洗い終わったレコードを実際に鳴らしてみると……。

全然パチパチしない!

そりゃもう感動モノでした。ここまでとは。300円で買ったレコードだから失敗しても仕方ないよな、と覚悟しながらだったのですが大満足。

いやー、実際レコードマニアみたいな人たちに言わせるとレコードを水で洗うなんて何事!と怒られそうですがこれはいいですわ。

お部屋に昔のレコードが残っている方、一度ぜひ試してみては?


Category: 音楽-その他

Comment (0)  Trackback (0)

500円でチューナー買ってきました

こんにちは。社長です。

ギター用のチューナーってもんがこの世にはあるわけですよ。調弦ですよ。機械的に音程を測る機械ですよ。

社長がずっと使ってきたやつは古いヤツでいちいちギターとチューナーをシールド(コード)で繋がなきゃいけないヤツでした。別にどうってことないことですが手間といえば手間。めんどくさいといえばめんどくさい。

最近はクリップ型チューナーという洗濯ばさみみたいなのをギターの先端に挟むだけでチューニングできるチューナーがあることも知ってました。まあ知ってましたけど今あるチューナーも別に壊れてるわけではないしまあね、と思ってました。

ところが最近某店でなんとそのクリップ型チューナーが500円という驚きの安価で叩き売られていたためにホイホイ買ってきてしまいました。

チューナー
(あれ?画像がさかさまな気がするけどキニシナイ・・・・・・)

500円だから電池は別売りかなと思ってたけどちゃんと電池も付いてました。

500円だけどちゃんとチューニングできました。やっぱりギターにつけっぱなしにできるので簡単便利です。

う~ん、意外といい買い物したぞ。


Category: 音楽-その他

Comment (0)  Trackback (0)

雪の日はレコードでも

こんにちは。社長です。

レコード買いました

今日は仕事はお休みですが小松市は大雪警報。

というわけで家に引きこもって買いだめしたアナログレコードを聴いております。

実はこのレコード達、先日たまたま立ち寄った平和堂アルプラザ小松店で行われていたレコード市で購入したもの。正直本当にたまたまだったので「なんでアルプラザでレコード市やねん」と思わず関西的なノリで心の中でツッコミを入れたわけですがこれが見てみると安い安い。

というわけでワゴンに敷き詰められたレコードを目を皿にして吟味して買ってまいりました。

中島みゆきやさだまさしといったフォーク勢、ルースターズ、エコーズといった日本のロック、ウイングスのライブ盤からコルトレーンまでジャンルを問わず買いあさり。

13枚買って5000円でお釣りがきました。一番高かったのがウイングスのライブ盤で900円だけどこれ3枚組LPなのよね。

というわけで今日はじっくりレコード聴いています。

なかでもHi-Fi SETに度肝を抜かれました。「素直になりたい」や「水色のワゴン」は知ってたけどアルバム全体ものすごいクオリティー。超絶コーラスワークです。CD化されたものも廃盤らしくこれは貴重かも。

それからmoody bluesのアルバム『子供たちの子供たちの子供たちへ』。このアルバムが発売された1969年といえば人類が初めて月に立った年ですけどこのアルバムもそれに大きく影響を受けていて冒頭からロケットの発射音のようなSEが入っています。とはいえ社長のやすっちいプレーヤーでは爆音のノイズにしか聞こえず一瞬プレーヤーが壊れたのかと思いましたが。この時代にこれだけ作りこまれたトータルコンセプトアルバムがあったということが驚き。曲間がほとんどなくメドレーのような構成になっています。

レコードって流し聞きできないところが不便だけどいいですよね。あと収録時間が現在のCDよりも短いところも無駄にだれないのでいいのかなと思います。

次は何を聴こうかな。


プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
西野カナ(#1)氷室京介(#1)ヘアカット100(#1)ミヒャエル・エンデ(#1)英語(#1)家庭教師(#1)遠い空の下で(#1)こいのぼり(#1)モモ(#1)B・B・キング(#1)EnterMusic(#4)きゃりーぱみゅぱみゅ(#2)大滝鍾乳洞(#1)ツバキ(#1)吉田拓郎(#2)ザ・なつやすみバンド(#1)さだまさし(#1)ふくろうず(#1)Superfly(#2)結婚式(#7)木村カエラ(#1)RIPSLYME(#1)飛行機雲(#2)間寛平(#2)フォープレイ(#1)ゆず(#2)美空ひばり(#1)野焼き(#1)スタレビ(#3)レコード(#1)小沢健二(#2)山下達郎(#3)サザンオールスターズ(#2)ブルーハーツ(#1)スケッチ(#3)北斗の拳(#2)エーテル(#4)佐野元春(#2)フライング・バリット・ブラザーズ(#1)島崎藤村(#1)ダイナランドゆり園(#1)黒沢秀樹(#1)GLAY(#1)金沢カレー(#1)Beyond(#1)DTM(#4)桑田佳祐(#1)益子焼(#1)宮沢和史(#1)セット・ミー・フリー(#3)陶史の森(#2)シリコンスチーマー(#1)黒沢健一(#3)カウントダウンTV(#1)nostalgie(#15)リー・リトナー(#2)ZOOM(#1)ベンジー(#1)うさぎ(#1)アースマラソン(#2)ナオト・インティライミ(#1)サカナクション(#1)及川光博(#1)特集(#10)ウルフルズ(#1)曽木公園(#1)恋愛写眞。(#10)鬼岩公園(#3)北園みなみ(#1)吹奏楽(#2)ザ・スパイダース(#1)ジャンクフジヤマ(#1)斉藤和義(#1)L⇔R(#3)鈴木慶一(#1)RCサクセション(#1)ワタクシ的レコード大賞(#23)Dr.ハーロウの実験室(#12)BUCK-TICK(#2)めずらしい人生(#1)加登屋(#1)笠間焼(#1)DMC-GF1(#15)JUJU(#1)AtoZ(#41)兼六園(#1)打ち込み(#1)ハイロウズ(#1)ネズミ(#1)MEG-CD(#1)radiko(#1)はてしない物語(#1)ゲスの極み乙女。(#1)磯貝サイモン(#1)クリスマス(#1)藤井隆(#1)TUBE(#2)たわごと的J-POP論(#3)奥田民生(#1)チャゲアス(#2)動物園(#1)フェイクカバー(#4)岡村靖幸(#2)忌野清志郎(#3)アルバ(#1)旅してゴメン(#2)東北地方太平洋沖地震(#2)スピッツ(#2)馬籠宿(#1)SONAR(#1)チャットモンチー(#1)CDレビュー(#38)KAN(#3)イエローモンキー(#1)竹内電気(#1)BREAKERZ(#1)衝動(#1)ラブトライアングル(#6)スムルース(#1)レコーディング(#19)エーテルスケッチ(#58)Panasonic(#1)ドームやきものワールド(#1)夜明け前(#1)ACHA(#3)浴衣(#1)フレイズ(#4)ウド鈴木(#2)kindle(#1)新曲(#11)銀の森(#1)椎名林檎(#1)矢野顕子(#1)ずっと繋がっていく日々(#4)アイム・イン・ラブ(リモデルド)(#1)凧(#1)放射する欠片(#4)TOKIO(#1)紅葉(#1)桜(#5)大貫妙子(#1)浅井健一(#1)備前焼(#2)Mr.Children(#3)cabaret(#8)ライブ(#11)エフェクター(#1)川本真琴(#1)ハービー・ハンコック(#1)リマスタリング(#5)一青窈(#1)
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。