FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第34回『GOLDEN SUMMER/carpool(2012)』

こんにちは。社長です。

しばらくこの音楽一盤のコーナーもごぶさたでしたのでぼちぼちとやってみたいと思います。基本的にはマニアックになりすぎないメジャーなものをご紹介しようと思っていますが今回はめずらしくインディーズ界隈からの新譜を広げてみようかと。

carpool 1st mini album"GOLDEN SUMMER"

1.xxxx
2.GOLDEN SUMMER
3.ロックンロール
4.だけ
5.しあわせになろう
6.とびっきり
7.僕はヒッピー
8.メン募
9.あいさつ

関連記事

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第33回『My Baby Loves Lovin/White Plains(1993)』

こんにちは。社長です。

最近また忌野清志郎をよく聴いています。『夢助』とか『KING』なんかをひっぱり出してきて。社長にはまだ彼が必要なんですね。

おっさんみたいなこと言いますけど(←おっさんじゃねーか!)最近の音楽を聴く気が失せてるんですよ。テレビとかで誰が1位をとったとかどんな記録を作っただとかそんなことどうでもいいと思っていましたけど、そんなことどうでもいいと思ってる人が実は大多数なんじゃないかとうっすら気づいてきました。だから「いかにも」な甘ったるい歌じゃなくて後期清志郎のような優しい歌を求めてしまう。

そんな方向性で最近はまってるのが60年代、70年代のいわゆるソフトロックというやつでして。まあそれがソフトロックというジャンルであるということを知ったのも最近なんですけど。ビーチボーイズとか、シーカーズとかそういったやつを。音楽もいいけどジャケットもおしゃれなのが多いです。で今日紹介するホワイトプレインズもそういったソフトロックのバンドです。


My Baby Loves LovinMy Baby Loves Lovin
(2004/01/20)
White Plains

商品詳細を見る


1. I've Got You On My Mind
2. When Tomorrow Comes Tomorrow
3. Taffeta Rose
4. (I Remember) Summer Morning
5. To Love You
6. In A Moment Of Madness
7. My Baby Loves Lovin'
8. Today I Killed A Man I Didn't Know
9. You've Got Your Troubles
10. Show Me Your Hand
11. Young Birds Fly
12. Sunny, Honey Girl
13. Lovin' You Baby
14. Julie Do Ya Love Me
15. Every Little Move She Makes
16. When You Are A King
17. Gonna Miss Her Mississippi
18. Carolina's Comin' Home
19. I Can't Stop
20. Dad You Saved The World
21. Step Into A Dream
22. Does Anybody Know Where My Baby Is?
23. Julie Anne
24. Ecstasy
関連記事
テーマ : CDレビュー  ジャンル : 音楽

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第32回『Imagine Project/Herbie Hancock(2010)』

こんにちは。社長です。

本日はこの未曾有の時代だからこそ聴いてほしいすばらしい音楽を紹介いたします。ハービー・ハンコックが昨年リリースしたアルバム『イマジン・プロジェクト』です。


Imagine ProjectImagine Project
(2010/06/21)
Herbie Hancock

商品詳細を見る


1. Imagine
2. Don't Give Up
3. Tempo de Amor
4. Space Captain
5. The Times They Are A Changin'
6. La Tierra featuring Juanes
7. Tamatant Tilay/Exodus
8. Tomorrow Never Knows
9. A Change Is Gonna Come
10. The Song Goes On
関連記事

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第30回『夢の轍/さだまさし(1982)』

こんにちは。社長です。

暑い日が続きますね。こちら瑞浪市近辺では37度、38度が日々当たり前のようになっております。皆様熱中症などには十分ご注意を。

許されるならそんなときには部屋で涼しくエアコンなどかけて静かにゆったりと音楽を聴くにかぎるのですが、そういうじっくり聴くシーンにはさだまさしなんていかがでしょうか?

彼はバイオリンも弾けるしなにより伸びやかなハイトーンボイスというボーカリストとしての圧倒的な力量を持つわけですが、それよりも何よりも彼を唯一無二の存在に押し上げたのはその「作詩」能力ではないでしょうか。

あえて「作詩」と書きました。実際さだまさしのレコードのクレジットはそうなっております。「作詞」ではなく「作詩」、そこんとこに彼のこだわりも伺えます。

どのアルバムを紹介しようか悩みましたが彼のストーリーテラーとしての才能がいかんなく発揮された82年のアルバム『夢の轍』をじっくり聴きこんでみましょうか。



1. 微熱
2. 極光(オーロラ)
3. 虫くだしのララバイ
4. 人買
5. 前夜(桃花鳥(ニッポニア・ニッポン))
6. 退職の日
7. まりこさん
8. Home(Now I Know I’m Home)
9. 償い
10. 片おしどり

関連記事

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第29回『ホワイトルーム/磯貝サイモン(2008)』

こんにちは。社長です。

あれ、なにげに今年になって初めての音楽一盤じゃないですか?

まずいまずい。もっとこのコーナーやらなきゃなあ。

今回紹介するのは磯貝サイモン。社長としても何の前情報なしにいきなりCDをゲットした身でして「なんてふざけた名前だ」と思ってよく調べたら本名でした。スミマセン。



1. 初恋に捧ぐ歌
2. ビューティフル
3. 君はゆける
4. 傘がさしたいだけ
5. 午前3時
6. blue
7. リセット
8. 春の憂鬱
9. 帰り道にて
10. 追憶の夜
11. コインランドリー -Studio Live Ver.-
関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2020