FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: 音楽-その他

Tags: 特集  山下達郎  岡村靖幸  スタレビ  

Comment (0)  Trackback (0)

【特集】このジャケットがひどい

こんにちは。社長です。

CDジャケットといえば文字通りCDの顔。その音楽やアーティストのメッセージをヴィジュアル面で表現できる場であり、「ジャケ買い」なんて言葉があるとおりいかしたジャケットがあればそれだけで売り上げに貢献するかもしれない大切な要素です。

そのジャケットがひどい。

「音楽はいいのに!」「なぜこんなジャケットに?」思わずそう思ってしまったジャケット特集です。

『早熟』/岡村靖幸

早熟早熟
(1990/03/21)
岡村靖幸

商品詳細を見る


先頃とうとう復活が発表された岡村ちゃん。複雑な心境です。さてこのアルバム、彼の初期の楽曲を集めたコンピレーションで文字通り早熟な才能が発揮されたすばらしい作品。しかしこのジャケット。口元をきゅっと閉じ小首をかしげる絶妙なスマイル。なんだこの恥ずかしさは!こっちがひたすら恥ずかしくなるジャケットです。



『DEVOTION』/スターダスト・レビュー

DEVOTIONDEVOTION
(2011/02/23)
スターダスト・レビュー

商品詳細を見る


30周年を迎えた円熟のロックバンドスタレビ。そんな彼らの魅力のひとつにアカペラがあることを一般的な人はどれだけ知っているでしょうか。99年にリリースされたこのアルバムはロックバンドであるにもかかわらず楽器を置きほとんど声だけで録音されたボイスオーケストレーションアルバム。「マシュ・ケ・ナダ」のディストーションボイスアレンジも秀逸。カバー、オリジナルともに音楽好きに好まれるアルバムだと思うのですが…。このジャケット!なんだこのカラフルな色使いは!ダサさを超越する一歩手前の圧倒的なインパクト。スタレビファンであった社長が当時CDショップでこの新作を手に取ったときの絶望感。…今あらためてみるとそうひどくない気がしてきました。ようするに彼らの好きな洋楽レコードのオマージュなんですよね。上部のフォント部分は結構かっこいい。



『Born This Way』/レディー・ガガ

Born This Way (Int'l Version)Born This Way (Int'l Version)
(2011/05/23)
Lady Gaga

商品詳細を見る

触れたくないけど一応触れとく(笑)何がイヤってマスコミの異様な持ち上げ方。ガガ様すごいみたいなこというだけで誰もちゃんとツッコンであげない。そういうのが気持ち悪い。音楽的には彼女のファッションほど奇抜ではないですよ。



『Rock'n'Roll Circus』/浜崎あゆみ

Rock'n'Roll Circus(DVD付)Rock'n'Roll Circus(DVD付)
(2010/04/14)
浜崎あゆみ

商品詳細を見る

ダサくはない。ダサくはないんだけどなんかこう…。もはや浜崎あゆみはCGなのか。



『ハンサムボーイ』/井上陽水

ハンサムボーイハンサムボーイ
(2009/03/25)
井上陽水

商品詳細を見る

一見御大のサングラス越しの笑顔があるだけでまあまあとおもいきやハンサムボーイのタイトルに吹き出さずにはいられない。と以前友人が申しておりました。ピンクのバックも秀逸ですね。「最後のニュース」「少年時代」含む名盤。



『Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE』/槇原敬之

Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVENoriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE
(2010/01/01)
槇原敬之

商品詳細を見る

ファン的には20周年の集大成のアルバムがこれでよかったんですか?マッキーのアルバムジャケットは狙ってんのかどうなのかあやしいレベルの残念なのが多い。



『RIDE ON TIME』/山下達郎

RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)
(2002/02/14)
山下達郎

商品詳細を見る

日本が誇る名盤。このジャケットもあまりにも有名ですけど、腰に手をあて内股で笑みを浮かべる先生。なんなんだこれは。でも名盤補正でかっこよく見えてきたりもします。本人がジャケットに登場しなくなってからはおしゃれなジャケットが多いです(笑)



というわけでぼちぼちこんなとこにしときましょうか。

この特集を組むにあたりヒップホップとへヴィーメタルは除外させていただきました。あのあたりのジャンルのジャケットはその手の宝庫ですので(笑)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 本日のCD・レコード  ジャンル : 音楽

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: 岡村靖幸  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第31回『家庭教師/岡村靖幸(1990)』

こんにちは。社長です。

今回の音楽一盤は社長に多大なる刺激を与えた岡村ちゃんの名盤を特集します。ええ、社長は尾崎豊よりも岡村ちゃんの影響をたぶんに受けてるはずです。

まあ彼は人間的には薬物で何度も何度も性懲りもなくつかまっているたぶんダメ人間なんですけど音楽の才能はまさしく天才といっていいでしょう。特にこのアルバム『家庭教師』はハズレ曲なしの圧倒的な存在感を放つ名盤だと思います。


家庭教師家庭教師
(1990/11/16)
岡村靖幸

商品詳細を見る

1. どぉなっちゃってんだよ
2. カルアミルク
3. (E)na
4. 家庭教師
5. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
6. 祈りの季節
7. ビスケット
8. ステップUP↑
9. ペンション
関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019