社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長の失笑系BLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日常

Tags: 北斗の拳  

Comment (7)  Trackback (0)

北斗の拳について熱く熱く語りたい!

こんにちは。社長です。

以前、「北斗の拳について熱く語りたい!」という記事を個人的には恐る恐る書いたわけですが、それが一部の北斗フリーク達に思わぬ反響を呼びました。というわけで気をよくしまして今回は第2弾、映画「真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝」の感想を中心に熱く語りたいと思います。



この映画「ユリア伝」というだけあってユリアをおもいっきりフィーチャーしたものになってます。どう考えても「サウザー伝」だったのに「ラオウ伝」と謳った前作よりは真摯な態度です。

北斗の拳をあまり知らない人のために・・・。ユリアとは?
主人公ケンシロウの彼女にして登場人物の男性人物の過半数が想いを寄せた女性。・・・のわりに原作ではいまいちキャラが薄いというか、シンやラオウやトキが彼女を愛する根拠となる魅力がいまひとつ伝わりにくかったのですが、個人的には。まあ少年誌でアクション漫画なのでそこらへん致し方ないとは思いますが。

その辺が「ユリア伝」では色濃く描かれるのでは、と思いつつ観賞。ストーリーの方は・・・、ユリアの生い立ちを追いながら原作でとめどなくでてきた後付設定を時系列順に正しく並べた、という感じでしょうか。

幼少期にリュウガとともにいる描写あり→リュウケン以下北斗一門に預けられる→時は過ぎシン編突入→シンにとらわれ城から飛び降りる→南斗五車星に助けられる→自分が南斗最後の将であることを知らされその運命を受け入れる→ラオウ軍と戦う勢力を持つため密かに南斗の義勇軍を集める→ケンシロウVSサウザーの戦いを密かにバックアップ→終わり。

まー中途半端ですよ。上はとりあえずストーリーをなぞっただけですが映画的にもストーリーをなぞっただけなんですよ。原作のごちゃごちゃをユリア視点でまとめただけ。正直「映画」としてどこで楽しんでいいか分かりません。

それとやはりユリア自身のキャラクターがぱっとしません。いろいろあるのかもしれないですけどなんか優等生過ぎるんでしょうね。ユリアには未来を見る能力があるがゆえに南斗最後の将に選ばれたとかまあ設定のごり押しで人間的じゃない。

いいところを挙げるとすればちょい役ででてきた南斗水鳥拳のレイとなぜか戦う五車星がいかしてたぐらいでしょうか。炎のひととか、水のひとは原作ではぱっとしませんでしたからね。

ようはストーリーの盛り上がるところにバトルがないとアクション漫画はだめなんですよねきっと。その点では「ラオウ伝」は確かによかった。社長も昔は人間ドラマだけで北斗が作れたり、ガンダムがでてこなくても人間ドラマだけで「機動戦士ガンダム」はおもしろいんじゃないかと思ったこともありましたがそれは間違いでした。やっぱりバトルがないと北斗じゃないし、ガンダムがでてこないアムロはうっとおしいだけだし、必殺技名を叫ばない聖闘士聖矢はものたりないものです。

辛口になりましたがこれは前回と同じサウザー編の最後でストーリーが途切れたためとも思います。ユリアの最大の見せ場はラオウに殺されることを受け入れるシーンだと思ってたのでそこが描かれていないのが残念なのです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 日常

Tags: 北斗の拳  

Comment (6)  Trackback (0)

北斗の拳について熱く語りたい!

こんにちは。社長です。

タイトルどおり北斗の拳について語ります。
つっても映画の方ですよ。

以下熱く語りますので予備知識のない方には一切理解できない内容になります。


↑これね、これ。

「ラオウ伝」っていうタイトルにうっかり騙されましたが完全に原作で言うところのサウザー編ですね。クライマックスはケンシロウ対サウザーでこの映画の中でラオウが戦うシーンはまったくでてきません。たぶんラオウが人気があるのでタイトルにもってきたかっただけだと思います。

ただラオウ軍に原作にはないレイナという新キャラクターがでてきますが声が柴崎コウなんですよ。これがどうにもあわない。なんでプロの声優さんを使わないんでしょう。序盤この役が語り部的役割を担っているだけにすごく違和感を感じました。

まあ新キャラ登場ということに関しては昔のマンガをあらためて映画にするわけですからあってしかるべきだと思います。ストーリー上特に重要ということはなかったですけどこの新キャラにケンシロウ・ラオウの故郷である「修羅の国」という概念が語らせていてなぜラオウが覇道を目指したかの根拠が分かりやすくなっています。原作だとこの「修羅の国」自体相当な後付けでラオウが死んでのちにでてきた言葉なので。

全体としては絵もきれいでよかったです。原作で社長がいまだに号泣するシュウの息子がケンシロウをかばって死ぬシーンとか映画でももれなく号泣しました。よかったです。

ただラスト、サウザーとの決着のシーン、原作では「愛ゆえに人は苦しまねばならぬ」として愛を捨て去ったサウザー像が徐々に浮かび上がってくるのですが、この映画ではただ単に強い悪役で終わってしまったことが非常に残念です。ケンシロウが有情拳(痛みをともなわない拳)で倒した根拠がこれでは見出せません。北斗の拳の醍醐味としてどんな悪党でも何かしら事情を抱えていて死後「あいつは友だった」「漢だった」とかいわれるぶっとび展開があるのですがそこは映画でも踏まえて欲しかったです。

まあ今思うと原作の方も後付け設定だらけでかなりむちゃなマンガでした。
・死んだはずのケンシロウの恋人ユリア→なぜか南斗聖拳の最後の将に
・リン→実は天帝
・ラオウ、トキにカイオウという兄がいた→ケンシロウも含めた兄弟、義兄弟の関係がもうぐちゃぐちゃ
などなど。
こういったむちゃくちゃ設定をすっきりまとめて映画にしてくれるというならありがたい話です。


どうやら「ユリア伝」「トキ伝」なんてのも映画になっているらしいのでぼちぼちみたいと思います。

最後に皆が思っていることを代弁します。

「熱くアニメを語る社長、キモイ」
関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
浅井健一(#1)夜明け前(#1)島崎藤村(#1)チャットモンチー(#1)RIPSLYME(#1)フライング・バリット・ブラザーズ(#1)Mr.Children(#3)ウド鈴木(#2)ヘアカット100(#1)特集(#10)ドームやきものワールド(#1)北斗の拳(#2)cabaret(#8)radiko(#1)山下達郎(#3)忌野清志郎(#3)野焼き(#1)ダイナランドゆり園(#1)加登屋(#1)めずらしい人生(#1)吉田拓郎(#2)ゲスの極み乙女。(#1)間寛平(#2)ネズミ(#1)チャゲアス(#2)AtoZ(#41)川本真琴(#1)桑田佳祐(#1)及川光博(#1)KAN(#3)北園みなみ(#1)サザンオールスターズ(#2)ベンジー(#1)ワタクシ的レコード大賞(#23)吹奏楽(#2)黒沢健一(#3)きゃりーぱみゅぱみゅ(#2)サカナクション(#1)美空ひばり(#1)打ち込み(#1)陶史の森(#2)馬籠宿(#1)アースマラソン(#2)笠間焼(#1)新曲(#11)SONAR(#1)ブルーハーツ(#1)ウルフルズ(#1)氷室京介(#1)TUBE(#2)奥田民生(#1)レコーディング(#19)スムルース(#1)椎名林檎(#1)セット・ミー・フリー(#3)リー・リトナー(#2)モモ(#1)BREAKERZ(#1)DMC-GF1(#15)はてしない物語(#1)ナオト・インティライミ(#1)こいのぼり(#1)西野カナ(#1)恋愛写眞。(#10)アイム・イン・ラブ(リモデルド)(#1)イエローモンキー(#1)英語(#1)ハービー・ハンコック(#1)宮沢和史(#1)TOKIO(#1)うさぎ(#1)衝動(#1)エーテル(#4)放射する欠片(#4)フェイクカバー(#4)ZOOM(#1)BUCK-TICK(#2)ゆず(#2)エーテルスケッチ(#58)小沢健二(#2)備前焼(#2)スタレビ(#3)家庭教師(#1)鬼岩公園(#3)アルバ(#1)ずっと繋がっていく日々(#4)曽木公園(#1)GLAY(#1)飛行機雲(#2)RCサクセション(#1)ライブ(#11)黒沢秀樹(#1)桜(#5)結婚式(#7)浴衣(#1)DTM(#4)金沢カレー(#1)鈴木慶一(#1)遠い空の下で(#1)JUJU(#1)ハイロウズ(#1)ふくろうず(#1)クリスマス(#1)矢野顕子(#1)さだまさし(#1)B・B・キング(#1)ザ・スパイダース(#1)東北地方太平洋沖地震(#2)岡村靖幸(#2)スケッチ(#3)フレイズ(#4)銀の森(#1)大貫妙子(#1)一青窈(#1)フォープレイ(#1)益子焼(#1)リマスタリング(#5)kindle(#1)スピッツ(#2)凧(#1)カウントダウンTV(#1)兼六園(#1)竹内電気(#1)大滝鍾乳洞(#1)ACHA(#3)紅葉(#1)藤井隆(#1)佐野元春(#2)MEG-CD(#1)レコード(#1)EnterMusic(#4)Dr.ハーロウの実験室(#12)Superfly(#2)Panasonic(#1)動物園(#1)木村カエラ(#1)旅してゴメン(#2)nostalgie(#15)磯貝サイモン(#1)ザ・なつやすみバンド(#1)斉藤和義(#1)ジャンクフジヤマ(#1)L⇔R(#3)ミヒャエル・エンデ(#1)ツバキ(#1)たわごと的J-POP論(#3)ラブトライアングル(#6)Beyond(#1)CDレビュー(#38)シリコンスチーマー(#1)エフェクター(#1)
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。