FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 輝く!ワタクシ的レコード大賞

Tags: ワタクシ的レコード大賞  ザ・なつやすみバンド    藤井隆  TUBE  黒沢秀樹  JUJU  ゲスの極み乙女。  西野カナ  Superfly  

Comment (0)  Trackback (0)

第9回 輝く!ワタクシ的レコード大賞【後編】

こんにちは。社長です。

前回に引き続きワタクシ的レコード大賞のお時間です。

後半戦、まずは新人賞、各賞の発表です。



【新人賞】

対象年度内において初めて顕著な活動をし、社長に支持され、将来性を認められた歌手に贈る。

★「パラード」ザ・なつやすみバンド



バンド名が示すとおりのイノセントに満ちたザ・なつやすみバンド。ある意味、メジャーレーベルとは対極の音楽性・志向性を持っているはずでそれがメジャーシーンにおいてどのような化学変化をもたらしていくか。今後が楽しみ。






★「ボイド」LAMP IN TERREN



内にこもる感情を訥々とつぶやくような内省的な歌詞とサウンドがやたらにあかるいだけのアイドルソングよりも一部の若者の耳をひきつけるのかもしれません。ロックのもつ疾走感とか爽快感とは一線をかくすところにいますね。






★「ホリデイ」Sugar's Campaign



これ新人なの?ホントに?妙にハイセンスだしそれでいて古臭いテクニックも満載。多分この人たちは相当な音楽マニアです。ただCDジャケットのイメージがなんか違う気が・・・。




以上3組が今年の新人賞です。のちほどこの中から【最優秀新人賞】を発表します。




【優秀アルバム賞】

社長の強い支持を得、芸術性、独創性に優れ、その年度を反映したと認められたアルバムに贈る。

★『COFFEE BAR COWBOY』藤井隆



最近お笑い芸人としてテレビで見ることがめっきり少なくなった彼ですが、こんな趣味的な音楽アルバムをだしていたとは。そうかつて「ナンダカンダ」でデビューしたときとは比べ物にならないくらい主体的にアーティストしているのです。その歌声はプロのヴォーカリストとは明らかに違うものだけれどでもそれがかえっていい効果をもたらしているとさえ言えます。ちなみに奥さんの乙葉や松田聖子も参加。バラエティーに富んだアルバムです。






★『Your TUBE+My TUBE』TUBE



音楽一盤のコーナー
でも取り上げたTUBE30周年記念オリジナルアルバム。普通ならトリビュートアルバムとかがありがちだけれどいろんな人に曲を書いてもらってあくまで自分達が演奏する、というアイデアが良かったですね。






★『colorations』黒沢秀樹



これもまた音楽マニア受けしそうなアルバム。なんだけど癒し系のその歌声は多くの人の心に響くはず。毎月のように発表してきた新曲を一枚にまとめた今の彼の音楽の集大成のようなアルバム。ボーナストラックの「焼いた魚の晩ごはん」がしんみり泣けます。





【作曲賞】

特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★UTA/為岡そのみ/「What You Want」JUJU



踊りだしたくなる大人なダンスチューン。ホーンの使い方がいいですね。ところでJUJUは帽子かぶって脚をださないといけない決まりでもあるのですか?






【編曲賞】

特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★ゲスの極み乙女。/「ロマンスがありあまる」ゲスの極み乙女。



今年大ブレイクの彼ら。妙に細かくて独特なアレンジ手法は社長から見れば非常にDTM的に見えます。つまり機械にやらせるようなことをムリヤリ人間がやっているような。無機と有機がごちゃまぜな感覚が非常に新しくていいですね。






【作詩賞】

特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★Kana Nishino/「トリセツ」西野カナ



自分の取扱説明書を彼氏に向かって読み上げるといった内容の歌詞。「わがままも目をつむって的な」歌詞で世の男子を敵にまわしたらしい女子受け最高ソング。ユニークですよね。こういうの男が歌うと「うまいこと言ってやった」感が鼻に付くけどそのへんさらっとしてる気がします。






【特別賞】

個人的に社長を賑わせ、注目された人、作品などに贈る。

★「朝の下、春のきざし[Till The Morning Comes]」A to Z

あこがれのアーティスト風の曲を作ろうというA to Z内の新企画フェイクカバープロジェクト。その第一弾はさ○もと○るをフェイクカバー。わかる?わからない?





【企画賞】

独創的な企画意図をもって制作され、それによって成果を上げ、大衆音楽に大きな貢献をした作品に贈る。

★『L-O-V-E』坂本冬美 duet with トータス松本



カヴァーアルバム『Love Songs Ⅵ ~あなたしか見えない~』からトータス松本とのデュエットナンバーを。この曲を歌うということは美空ひばりと比較されるということなのだけどそれはさすがにハードルあげすぎですね。ジャズを歌う坂本冬美。なかなかいいんでないでしょうか?






【特別功労賞】

長年にわたり音楽活動・評論活動を展開し、個人的に多大な貢献をした故人に贈る。

★シーナ

めんたいロックのお姉さまにR.I.P。



【最優秀歌唱賞】

対象年度内の作品を最も的確に表現し、さらに高めた『歌手』に贈る。

★Superfly



圧倒的な歌唱力で歌い続けるSuperflyに最優秀歌唱賞を。






さあ、私的レコ大もいよいよ大詰め!【最優秀新人賞】【ワタクシ的レコード大賞】の2賞を残すのみとなりました。おさらいしときましょう。

【優秀新人賞】
★「パラード」ザ・なつやすみバンド
★「ボイド」LAMP IN TERREN
★「ホリデイ」Sugar's Campaign

【優秀作品賞】
★「POPCORN NANCY」RIP SLYME
★「攻めていこーぜ! 」斉藤和義
★「ハートビート」ふくろうず
★「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」きゃりーぱみゅぱみゅ
★「ダンディ・ダンディ」及川光博
★「WE GO」BREAKERZ
★「夕霧」北園みなみ
★「長く短い祭」椎名林檎
★「ポップミュージックは僕のもの」ONIGAWARA
★「東京ドライブ」TOKIO

それでは発表です!
関連記事
スポンサーサイト

Category: 輝く!ワタクシ的レコード大賞

Tags: ワタクシ的レコード大賞  RIPSLYME  斉藤和義  ふくろうず  きゃりーぱみゅぱみゅ  及川光博  BREAKERZ  北園みなみ  椎名林檎  

Comment (0)  Trackback (0)

第9回 輝く!ワタクシ的レコード大賞【前編】

こんにちは。社長です。

さて12月に入りまして。今年は暖冬だそうですが今日は少し寒くなってきました。そう、「ワタクシ的レコード大賞」のシーズンです。何が「そう」なのかまったくわかりませんが。

これは毎年年末になると某テレビ局で放送されているよく似た名前の番組企画を丸パクリし、この1年活躍したアーティストや楽曲を極めて個人的に表彰しようというものです。(ただし受賞者にはいっさい知らされることはありません)

早速「第8回 輝く!ワタクシ的レコード大賞」始めましょう!

まずは【優秀作品賞】10作品の発表です。

【優秀作品賞】

社長の強い支持を得、芸術性、独創性に優れ、その年度を反映したと認められた10作品に贈る。

★「POPCORN NANCY」RIP SLYME



ひたすらチャラそう軽薄そうなノリが相変わらずかっこいいです。このままどんどんおじさんになれ。






★「攻めていこーぜ! 」斉藤和義



中音域のエレキギターがガツーンと。そして熱く優しいメロディー、シンプルなメッセージ。ヒットソングと言えばアイドルばっかりになっちゃったけどこんな曲に飢えている人もきっと多いと思うのです。






★「ハートビート」ふくろうず



Vo内田のある種のあざとさがときどき鼻に付くけどこのバンドの才能はもっと世間で評価されてもいいと思っています。この曲もステレオタイプなラップにあえて挑戦しながらもふくろうずらしい繊細な情緒があっていいですね。






★「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」きゃりーぱみゅぱみゅ



これはハロウィンにむけてのヒットを狙った曲。クリスマスソングや桜ソングならありふれているけれどまだカッコたるタイトルのないところに攻め込んでいくマーケティング能力はさすがです。すでに成人式ソングもヒットさせているし、来年当たり七夕とかがきそう。






★「ダンディ・ダンディ」及川光博



中年ダンスソング炸裂!クセになるかっこよさ。MVで共演しているダンディ坂野とのスタイルの差が笑えます。





★「WE GO」BREAKERZ



DAIGO率いるBREAKERZ再始動シングル。90年代GLAY、L’Arc~en~Ciel、B'zなどの影響を感じさせるサウンドは今や日本のロックのスタンダードといってもいいスタイルではないでしょうか。変にひねくれずに「好きなことをやってるんだよ」という感じが好感持てます。






★「夕霧」北園みなみ



う~ん。こんなにすばらしい才能がまだ日本にはいるんだなあ。AORっぽいサウンド。日本で言えばKIRINJIや松任谷正隆に代表されるようなおしゃれで都会的なサウンドです。






「長く短い祭」椎名林檎



こちらもクール&ホット。アダルトな魅力発揮しまくりの椎名林檎。曲によっちゃ全然受け付けないときがあるんだけど(あといつみても顔が違う)、この曲はグッド!






★「ポップミュージックは僕のもの」ONIGAWARA



元竹内電気のギタリスト2人による新ユニット。おちゃらけっぷりも相変わらずだけど「ポップミュージックは僕のもの」っていうメッセージだけは本気そのもの。笑いながらも熱くなりました。






★「東京ドライブ」TOKIO

ブラスサウンドと重厚なギターサウンドの泥臭いロックから一転、サビはいかにもドライブに似合いそうな爽快なメロディー。長瀬の自作曲によるシングルナンバーです。熱唱、だけどどこかオトナの余裕も感じさせる。もはやアイドルバンドというくくりは完全にそぐわないものになってきましたね。






以上、出揃いました優秀作品賞10曲。なるべく幅広いジャンルから抽出したつもりですけどいかがですかね?

次回【後編】ではこの10曲の中から【ワタクシ的レコード大賞】を選出、そして新人賞、各賞を発表します。お楽しみに!

関連記事

Category: 輝く!ワタクシ的レコード大賞

Tags: ワタクシ的レコード大賞  

Comment (0)  Trackback (0)

第8回 輝く!ワタクシ的レコード大賞【後編】

こんにちは。社長です。

前回に引き続きワタクシ的レコード大賞のお時間です。

後半戦、まずは新人賞、各賞の発表です。



【新人賞】

対象年度内において初めて顕著な活動をし、社長に支持され、将来性を認められた歌手に贈る。

★「Lie to myself」テスラは泣かない。

三拍子の曲でこんなやり方があったんだと妙に感心しました。どうしてもワルツ的な流れを想像しがちですけどこんなドカドカうるさい三拍子も魅力的。男女混声ツインヴォーカルも社長の好みです。ところでこの「テスラは泣かない。」みたいな文章チックな、バンド名ぽくないバンド名が最近やたら増えてきた気がしますが、まあ昔からの英単語一辺倒に対するカウンターではあると思うのですがなんというか奇をてらいすぎというか変なサブカル臭がしてちょっと社長は苦手です。

Lie to myselfLie to myself
(2014/04/23)
テスラは泣かない。

商品詳細を見る




★「MEMENTO」BLUE ENCOUNT

うっわー。変態っぽい(褒め言葉)。ゴリッゴリのチョッパーベースを筆頭にバカテクな演奏と、ころころ表情を変える楽曲アレンジ、エモーショナルロックを軸にしながらも歌謡曲的な匂いも微かにする。これは武道館までまっしぐらってタイプですわ。

TIMELESS ROOKIETIMELESS ROOKIE
(2014/09/10)
BLUE ENCOUNT

商品詳細を見る




★「ホワイトレインコートマン」シナリオアート

こちらも男女混声ツインヴォーカル。ファンタジー的、寓話的な作風は今現在大ブレイク中の「SEKAI NO OWARI」にも通ずるものがあるけどシナリオアートはスリーピースバンドだけあってもっとサウンドは肉体的で疾走感があります。キャッチーなメロディー作りもすばらしい。

night walkingnight walking
(2014/01/15)
シナリオアート

商品詳細を見る



以上3組が今年の新人賞です。のちほどこの中から【最優秀新人賞】を発表します。




【優秀アルバム賞】

社長の強い支持を得、芸術性、独創性に優れ、その年度を反映したと認められたアルバムに贈る。

★『HEART』TOKIO

TOKIOの20周年を記念してリリースされたベストアルバム。ファン投票による上位曲を収録した内容ながら驚くのは初期のアイドル然とした時代の曲がほとんど入っておらず中後期のよりロックテイストの強い楽曲が選ばれていることですね。TOKIOファンのガチ度が伝わってきます。それだけにデビュー曲「LOVE YOU ONLY」だけがやたら浮いています。バラエティー番組の彼らしか知らない人にぜひ聴いてほしいすばらしいベストアルバム。

HEARTHEART
(2014/07/16)
TOKIO

商品詳細を見る




【作曲賞】

特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★SukimaSwitch/「Ah Yeah!!」スキマスイッチ

あいかわらず「一筋縄でいく楽曲なんぞつくらねえ」って感じの意地にも似たものを感じるスキマスイッチ。この曲も難解ながらも躍動感が素敵です。言葉数の多いものが個人的に好み。


Ah Yeah!!Ah Yeah!!
(2014/07/23)
スキマスイッチ

商品詳細を見る




【編曲賞】

特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★津野米咲・亀田誠治/「風が知ってる」赤い公園

なんかすごいバンドがでてきましたよ。ガールズバンドって勢いでおす感じのバンドが多いけど彼女たちは相当マニアック。アレンジがものすごく個性的で変態チックで調べてみたら亀田誠治がかんでました。納得。

風が知ってる/ひつじ屋さん(初回限定盤)(DVD付)風が知ってる/ひつじ屋さん(初回限定盤)(DVD付)
(2014/02/12)
赤い公園

商品詳細を見る




【作詩賞】

特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★Ken Hirai/「ソレデモシタイ」平井 堅

いわゆる不倫の歌です。「本命に匂いでバレないように、私の家のシャワーでボディソープを使わない彼」という題材もおもしろいのですがやはりサビ頭の「チクショー!会いたい」というフレーズが群を抜いてインパクトがあって不倫の歌ながら逆ギレ的爽快感も味わえる歌ですね。

ソレデモシタイ/おんなじさみしさソレデモシタイ/おんなじさみしさ
(2014/12/10)
平井堅

商品詳細を見る




【特別賞】

個人的に社長を賑わせ、注目された人、作品などに贈る。

★「ダイナマイトガール [Dynamite Girl]」A to Z

毎度おなじみ特別賞という名の活動報告場ですが。なんやかやいって毎年ここに書けるだけの楽曲をコンスタントに作ってるということを少し評価したい、してほしい(自画自賛)。





【企画賞】

独創的な企画意図をもって制作され、それによって成果を上げ、大衆音楽に大きな貢献をした作品に贈る。

★『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について』V.A.

宇多田ヒカルの初のトリビュートアルバム。とにかく参加ミュージシャンが豪華。井上陽水、 岡村靖幸や同期生ともいえる椎名林檎、浜崎あゆみまで。それぞれに個性があってすばらしいし、楽曲の思い入れから好き嫌いはリスナーにとって当然出てくるだろうけど個人的には吉井和哉の「Be My Last」にさすがとうなりました。来年は宇多田本人の歌も聴きたいですね。

宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-
(2014/12/09)
V.A.、井上陽水 他

商品詳細を見る




【特別功労賞】

長年にわたり音楽活動・評論活動を展開し、個人的に多大な貢献をした故人に贈る。

★大瀧詠一

ミュージシャン主導でプライベートレーベルを持ち音楽プロデューサーという職業を世に知らしめた影響は計り知れません。密かに『A LONG VACATION』はアナログで持ってます。



【最優秀歌唱賞】

対象年度内の作品を最も的確に表現し、さらに高めた『歌手』に贈る。

★ゴスペラーズ 

20周年を迎えたヴォーカルユニット、ゴスペラーズを最優秀歌唱賞に。シングル「SING!!!!!」もすばらしかったしアルバムもよかった。世間的にはバラードのイメージかもしれないけれど実際はジャンルが多岐にわたっていて音楽や歌の楽しさをいつも教えてくれる日本屈指のグループ。

The Gospellers NowThe Gospellers Now
(2014/09/17)
The Gospellers

商品詳細を見る




さあ、私的レコ大もいよいよ大詰め!【最優秀新人賞】【ワタクシ的レコード大賞】の2賞を残すのみとなりました。おさらいしときましょう。

【優秀新人賞】
★「Lie to myself」テスラは泣かない。
★「MEMENTO」BLUE ENCOUNT
★「ホワイトレインコートマン」シナリオアート

【優秀作品賞】
★「Bleeze」GLAY
★「LIFE」ナオト・インティライミ
★「ONE LIFE」氷室京介
★「ゆめのはじまりんりん」きゃりーぱみゅぱみゅ
★「蓮の花」サカナクション
★「他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS」一青窈
★「どうでもよすぎ」ウルフルズ
★「形而上 流星」BUCK-TICK
★「TODAY IS A NEW DAY」木村カエラ
★「パイオニア」高橋優

それでは発表です!
関連記事

Category: 輝く!ワタクシ的レコード大賞

Tags: ワタクシ的レコード大賞  GLAY  ナオト・インティライミ  氷室京介  きゃりーぱみゅぱみゅ  サカナクション  一青窈  ウルフルズ  BUCK-TICK  木村カエラ  

Comment (0)  Trackback (0)

第8回 輝く!ワタクシ的レコード大賞【前編】

こんにちは。社長です。

今年圧倒的にブログを書く量が減ってきた社長ですがこの年の瀬、ただただなんとなくの義務感でやらなければならないことがあります。

それがこの「ワタクシ的レコード大賞」です。

これは毎年年末になると某テレビ局で放送されているよく似た名前の番組企画を丸パクリし、この1年活躍したアーティストや楽曲を極めて個人的に表彰しようというものです。(ただし受賞者にはいっさい知らされることはありません)

なんと今回で8回目。しみじみと思うことは少なくともこのブログが8年以上も続いているというある種の恐怖。ぞっとしました。

まあ、それはさておき。

早速「第8回 輝く!ワタクシ的レコード大賞」始めましょう!

まずは【優秀作品賞】10作品の発表です。
(各曲タイトルが動画リンクになってます)

【優秀作品賞】

社長の強い支持を得、芸術性、独創性に優れ、その年度を反映したと認められた10作品に贈る。

★「Bleeze」GLAY

今年20周年を向かえGLAY EXPOという大規模野外ライブで55000人を動員した日本のモンスターバンドGLAY。EXPOのテーマソングであり50枚目という節目のシングルとなるこの曲はメインソングライターのTAKUROではなくヴォーカルのTERUが作曲を手がけています。非常に夏らしくライブの情景がすぐに浮かぶような楽曲でTAKUROの作る曲よりもよりシンプルでストレートな印象を受けました。


BLEEZE~G4・III~ (CD+DVD)BLEEZE~G4・III~ (CD+DVD)
(2014/07/09)
GLAY

商品詳細を見る




★「LIFE」ナオト・インティライミ

正直社長、このナオト・インティライミって人、好みじゃなかったというかなんか薄っぺらいなと思ってたんですけど、この「LIFE」がラジオから流れてきたときは「これだ!」と感動しました。ものすごくパワーのある曲だと思います。


LIFELIFE
(2014/09/17)
ナオト・インティライミ

商品詳細を見る




★「ONE LIFE」氷室京介

「氷室京介を卒業する」として引退を宣言した彼に賛辞を贈りたいです。耳の不調が原因とのことですが、完璧主義者の彼にとっては満足のいくパフォーマンスができなくなることは耐えられなかったのでしょう。この新曲の歌詞「揺るがないONE LIFE」はそのまま氷室京介という人間を表しているように思えます。


ONE LIFEONE LIFE
(2014/07/16)
氷室京介

商品詳細を見る




★「ゆめのはじまりんりん」きゃりーぱみゅぱみゅ

もはや新星でも異色でもなく、彼女と中田ヤスタカこそが今のJ-POPの中心でありスタンダードだと思います。「卒業」をテーマに書かれたこの曲のあとで今度はどんな展開が待っているのか非常に楽しみ。


ゆめのはじまりんりん(通常盤)(ポスターなし)ゆめのはじまりんりん(通常盤)(ポスターなし)
(2014/02/26)
きゃりーぱみゅぱみゅ

商品詳細を見る




★「蓮の花」サカナクション

心地よいリズムでありながらもどこか物悲しいサウンド。無機質なダンスミュージックだけではない肉体を感じさせる歌声。サカナクションの魅力が詰まった佳作だと思います。



さよならはエモーション/蓮の花さよならはエモーション/蓮の花
(2014/10/29)
サカナクション

商品詳細を見る




★「他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS」一青窈

カバーっていうのは歌手の地の力量というのが特に現れるものだと思いますけどこの一青窈の歌う「他人の関係」にはやられました。オリジナルの金井克子はどちらかというと無表情でお人形さん的ですけど一青窈はこの曲にもっと明確な情念と妖艶を与えました。とてもかっこいいです。


他人の関係feat.SOIL&“PIMP”SESSIONS(初回限定盤)(DVD付)他人の関係feat.SOIL&“PIMP”SESSIONS(初回限定盤)(DVD付)
(2014/08/27)
一青窈、SOIL&“PIMP”SESSIONS 他

商品詳細を見る




★「どうでもよすぎ」ウルフルズ

活動休止中のウルフルズのケーヤンとトータスが仲良くテレビCMでてると思ったらバンド復活の流れだったのね。復活第一弾がこんなにゴキゲンで古っくさいロックンロールとはウルフルズはつくづくすばらしいバンドですね。音は古臭いけど歌詞はものすごく時代を敏感に感じ取っていてある意味繊細。それとウルフルズ復活なんて「どうでもよすぎ」とつっこまれたい関西人的な狙いも見え隠れして。

ONE MIND (初回生産限定盤:ベストアルバム付き 復活だぜ!!盤/復活記念77,777枚限定)ONE MIND (初回生産限定盤:ベストアルバム付き 復活だぜ!!盤/復活記念77,777枚限定)
(2014/05/21)
ウルフルズ

商品詳細を見る




★「形而上 流星」BUCK-TICK

重厚でありながらも甘美。BUCK-TICKの真骨頂ですね。ヒデのギターのアルペジオがこの曲の魅力を最大限に活かしてます。もっとテレビとかに出てほしいな。


形而上 流星【通常盤】形而上 流星【通常盤】
(2014/05/14)
BUCK-TICK

商品詳細を見る




★「TODAY IS A NEW DAY」木村カエラ

メロディーのキャッチーさが群を抜いています。たぶんこれ英語をわざとカタカナっぽく発音しているように思えるんだけど考えすぎ?とにかく作家陣とカエラのセンスが光る曲。


TODAY IS A NEW DAY (通常盤)TODAY IS A NEW DAY (通常盤)
(2014/10/22)
木村カエラ

商品詳細を見る




★「パイオニア」高橋優

いいねえ。ロックしてるねえ高橋優。唯一無二の存在感と説得力。この人はたぶん誰も思いつかなかった歌詞を書いているんじゃなくて誰もが頭の中にあるけど言葉にできなかったものを歌詞にしているんだと思う。だから共感するんです。


パイオニア/旅人(初回限定盤)パイオニア/旅人(初回限定盤)
(2014/03/12)
高橋優

商品詳細を見る




さあ、出揃いました優秀作品賞10曲。今本家T○Sのレコ大のサイト見てきましたけど見事にずれっずれ。きゃりーちゃんだけかぶりました。曲は違うけど。

次回【後編】ではこの10曲の中から【ワタクシ的レコード大賞】を選出、そして新人賞、各賞を発表します。お楽しみに!

関連記事

Category: 輝く!ワタクシ的レコード大賞

Tags: ワタクシ的レコード大賞  

Comment (0)  Trackback (0)

第7回 輝く!ワタクシ的レコード大賞【後編】

こんにちは。社長です。

後半戦いっちゃいますよ。新人賞、各賞の発表です。



【新人賞】…対象年度内において初めて顕著な活動をし、社長に支持され、将来性を認められた歌手に贈る。

★「悲しくなることばかりだ」見田村千晴

見田村という姓だけで個人的には点数あげたくなってきちゃうんですけど(笑)、そんなの抜きにしても驚きました!気に入りました!このストレートな毒っ気。今の音楽業界に足りなかったものじゃないですか。思わずうなずきたくなる様々な外的な苛立ちに加え、後半には悲しみがしっかりと自分自身にも向けられています。見事。

ビギナーズ・ラックビギナーズ・ラック
(2013/09/25)
見田村千晴

商品詳細を見る




★「僕に彼女ができたんだ」SHISHAMO

おーい、すごいじゃないですか、このガールズ3ピースバンド。イントロのギターからしてパッキパキのむちゃくちゃいい音させてます。こういっちゃ失礼ですがギター弾いてるのが女の子とは思わなかったですね。

デビューアルバム「SHISHAMO」デビューアルバム「SHISHAMO」
(2013/11/13)
SHISHAMO

商品詳細を見る




★「スターラブレイション」ケラケラ

「ユニヴァーサルから出てるいきものがかり」なんて100万回言われてそうですが(笑)、J-POPのいいところが全部詰まったレベルの高い音楽だと思います。伸びやかなヴォーカルとキラキラなサウンド。

スターラブレイションスターラブレイション
(2013/05/15)
ケラケラ

商品詳細を見る



以上3組が今年の新人賞です。のちほどこの中から【最優秀新人賞】を発表します。




【優秀アルバム賞】…社長の強い支持を得、芸術性、独創性に優れ、その年度を反映したと認められたアルバムに贈る。

★『Ten』キリンジ

兄弟ユニットとしてのキリンジの最後のオリジナルアルバムとなった今作。タイトルは10作目で『Ten』といたってシンプル。職人的な巧さ、質の高さは今更言うまでもないのですが今作は肩の力を抜いてリラックスして聞ける穏やかさがあります。特に一日の仕事の疲れを湯船で癒す内容になっている「黄金の舟」などはその豊穣な美しさに心が奪われます。昔はよく言えば幻想的、悪く言えば分かりづらい歌詞が多かったですがこのラストアルバムはメルヘンな雰囲気がありながらもしみこむようなわかりやすさがありなんとも「優しい音楽」に仕上がっています。これで終わりはちと寂しい。

Ten(初回盤)Ten(初回盤)
(2013/03/27)
キリンジ

商品詳細を見る




★『SEX BLOOD ROCK N' ROLL』VAMPS

世界デビュー盤ということでこれまでの楽曲を英語で歌いなおしたというベストアルバム的な一枚。今まであんまりちゃんと聴いたことがなかったんですけどしっかり聴くとさすがにかっこいい。ラルク・アン・シエルの変幻自在なサウンドよりも硬質で攻撃性に特化したサウンドはドライブアルバムにももってこいではないかと思います。

SEX BLOOD ROCK N' ROLLSEX BLOOD ROCK N' ROLL
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る



【作曲賞】・・・特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★you-me/「タイムマシンなんていらない」前田敦子

アイドルでもいいですか?­「Beep beep beep beep yeah !」のフレーズから始まってすべてがドポップ。ここまで突き抜けらると気持ちいいし評価しないわけにはいきません。

タイムマシンなんていらない【外付け特典なし】(Type-A)(DVD付)タイムマシンなんていらない【外付け特典なし】(Type-A)(DVD付)
(2013/09/18)
前田敦子

商品詳細を見る




【編曲賞】・・・特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★冨田恵一/「この世は不思議」冨田ラボ feat. 原 由子、横山剣、椎名林檎、さかいゆう

冨田恵一のプロジェクト冨田ラボの新作は4人のヴォーカリストを据えた豪華な楽曲。東西南北のように方向性の違う4人のヴォーカリストをうまくアレンジしています。特に原坊のリードパートなんかはユニークです。しかしいちいちおしゃれ、いちいちクール、なのに楽しくなる。やみつきです。

Joyous【初回限定盤】Joyous【初回限定盤】
(2013/10/23)
冨田ラボ

商品詳細を見る



【作詩賞】・・・特にその分野で独創的であると認められた作品・作者に贈る。

★前川真悟/「潮崎」かりゆし58

彼らの出身地である沖縄・塩崎の夕日とステージ上のスポットライトの光を対比させた青春ソング。この青臭い感じがなんとも心地よいのです。

88
(2013/09/11)
かりゆし58

商品詳細を見る



【特別賞】・・・個人的に社長を賑わせ、注目された人、作品などに贈る。

★「アイ・リメンバー[I remember](セルフカバー)」エーテルスケッチ

なんと今年の特別賞はエーテルスケッチです(笑)。現在制作中のセルフカバーベストアルバムからの先行配信シングルとしてリリースされたこの曲。ぜひ、ダウンロードして聴いてみて下さい。




【企画賞】・・・独創的な企画意図をもって制作され、それによって成果を上げ、大衆音楽に大きな貢献をした作品に贈る。

★『悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)』RC SUCCESSION

音楽一盤でも特集しましたRCのごくごく初期のライブ音源を集めた貴重なブートレグ。ミュージシャンが死んだあとで企画商品がいろいろでることはよくあることだし、いまさらこんなものが出てくることを天国の清志郎が喜ぶわけはないけれども、それでもこのアルバムには金儲けではない、誠実さが感じられました。それは清志郎という巨人をこの世に残していくという使命感のようなものです。40年のときを経て、2013年のどんな音楽よりも熱く悲しい音が届けられたことに感謝。

悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)
(2013/05/03)
RCサクセション

商品詳細を見る



【特別功労賞】・・・長年にわたり音楽活動・評論活動を展開し、個人的に多大な貢献をした故人に贈る。

★山口冨士夫(村八分)

日本のロック黎明期のギタリスト。日本のパンクロックはこの人から始まったのかもしれません。妖艶なルックス、パキパキのギターサウンド。すべてが時代を超えています。


【最優秀歌唱賞】・・・対象年度内の作品を最も的確に表現し、さらに高めた『歌手』に贈る。

★家入レオ

昨年最優秀新人賞を受賞した家入レオを今年の最優秀歌唱賞に。伸びやかで厭味のないヴォーカルはこれからもますますヒット曲をうみだしていくのではないでしょうか。

太陽の女神【初回限定盤】太陽の女神【初回限定盤】
(2013/11/06)
家入レオ

商品詳細を見る




さあ、私的レコ大もいよいよ大詰め!【最優秀新人賞】【ワタクシ的レコード大賞】の2賞を残すのみとなりました。おさらいしときましょう。

【優秀新人賞】
★「悲しくなることばかりだ」見田村千晴
★「僕に彼女ができたんだ」SHISHAMO
★「スターラブレイション」ケラケラ

【優秀作品賞】
★「インベーダーインベーダー」きゃりーぱみゅぱみゅ
★「太陽」Drop's
★「さらさら」スピッツ
★「夜間飛行」石崎ひゅーい
★「Walk」オレスカバンド
★「世界は慈悲を待っている」佐野元春 & THE COYOTE BAND
★「ピースとハイライト」サザンオールスターズ
★「風は西から」奥田民生
★「Bi-Li-Li Emotion」Superfly
★「リリック」TOKIO

それでは発表です!
関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
スムルース(#1)はてしない物語(#1)特集(#10)radiko(#1)鬼岩公園(#3)旅してゴメン(#2)アルバ(#1)ACHA(#3)サザンオールスターズ(#2)Dr.ハーロウの実験室(#12)RCサクセション(#1)BREAKERZ(#1)吉田拓郎(#2)フライング・バリット・ブラザーズ(#1)スケッチ(#3)GLAY(#1)飛行機雲(#2)カウントダウンTV(#1)英語(#1)エーテル(#4)ワタクシ的レコード大賞(#23)笠間焼(#1)セット・ミー・フリー(#3)フェイクカバー(#4)浴衣(#1)氷室京介(#1)フォープレイ(#1)ウド鈴木(#2)吹奏楽(#2)ラブトライアングル(#6)竹内電気(#1)アースマラソン(#2)TOKIO(#1)益子焼(#1)ダイナランドゆり園(#1)ハイロウズ(#1)黒沢秀樹(#1)北園みなみ(#1)ライブ(#11)Superfly(#2)兼六園(#1)藤井隆(#1)矢野顕子(#1)イエローモンキー(#1)一青窈(#1)チャゲアス(#2)桑田佳祐(#1)結婚式(#7)衝動(#1)小沢健二(#2)大滝鍾乳洞(#1)ウルフルズ(#1)恋愛写眞。(#10)ゆず(#2)CDレビュー(#38)cabaret(#8)打ち込み(#1)kindle(#1)MEG-CD(#1)JUJU(#1)きゃりーぱみゅぱみゅ(#2)備前焼(#2)めずらしい人生(#1)凧(#1)モモ(#1)Beyond(#1)ジャンクフジヤマ(#1)椎名林檎(#1)ネズミ(#1)リー・リトナー(#2)曽木公園(#1)KAN(#3)ツバキ(#1)佐野元春(#2)銀の森(#1)宮沢和史(#1)ベンジー(#1)新曲(#12)レコーディング(#19)アイム・イン・ラブ(リモデルド)(#1)ふくろうず(#1)遠い空の下で(#1)ブルーハーツ(#1)nostalgie(#15)Panasonic(#1)川本真琴(#1)紅葉(#1)BUCK-TICK(#2)RIPSLYME(#1)スピッツ(#2)うさぎ(#1)B・B・キング(#1)夜明け前(#1)陶史の森(#2)ナオト・インティライミ(#1)間寛平(#2)加登屋(#1)野焼き(#1)AtoZ(#42)北斗の拳(#2)奥田民生(#1)DTM(#4)及川光博(#1)クリスマス(#1)美空ひばり(#1)忌野清志郎(#3)スタレビ(#3)動物園(#1)黒沢健一(#3)島崎藤村(#1)ミヒャエル・エンデ(#1)ZOOM(#1)馬籠宿(#1)ずっと繋がっていく日々(#4)斉藤和義(#1)サカナクション(#1)さだまさし(#1)シリコンスチーマー(#1)チャットモンチー(#1)ゲスの極み乙女。(#1)家庭教師(#1)東北地方太平洋沖地震(#2)西野カナ(#1)岡村靖幸(#2)浅井健一(#1)鈴木慶一(#1)TUBE(#2)リマスタリング(#5)DMC-GF1(#15)こいのぼり(#1)たわごと的J-POP論(#3)桜(#5)SONAR(#1)ヘアカット100(#1)ザ・なつやすみバンド(#1)山下達郎(#3)フレイズ(#4)エフェクター(#1)磯貝サイモン(#1)大貫妙子(#1)ハービー・ハンコック(#1)エーテルスケッチ(#58)EnterMusic(#4)L⇔R(#3)ドームやきものワールド(#1)放射する欠片(#4)Mr.Children(#3)ザ・スパイダース(#1)木村カエラ(#1)金沢カレー(#1)レコード(#1)
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。