FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  スタレビ  

Comment (0)  Trackback (1)

音楽一盤 第37回『艶/スターダスト・レビュー(1995)』

こんにちは。社長です。

とりたててタイムリーでもないCDのレビューをなんとなく続けているのがこの音楽一盤のコーナーですが今回もまたチョイスは唐突です。

なんせ今スタレビなわけですから唐突です。しかもリリースは1995年とまた微妙。

アルバムの評価も世間的にはさほど高いようには思えないこのアルバム、いまやデビュー30周年をゆうに超えるこのベテランバンドにとっては、しかし大きな意味を持つアルバムだったと思うのです。


艶
(2011/02/23)
スターダスト・レビュー

商品詳細を見る


1. KEEP ON ROLLIN’
2. HELP ME
3. 空がこんなに青いはずがない
4. もっとそばに来て
5. この胸で泣けばいい
6. ふたり
7. My Love,Up Town Girl
8. WHAT A WONDERFUL NIGHT
9. 気がつけば君のこと
10. 歳月の果てに
11. 光の中へ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 音楽-その他

Tags: 特集  山下達郎  岡村靖幸  スタレビ  

Comment (0)  Trackback (0)

【特集】このジャケットがひどい

こんにちは。社長です。

CDジャケットといえば文字通りCDの顔。その音楽やアーティストのメッセージをヴィジュアル面で表現できる場であり、「ジャケ買い」なんて言葉があるとおりいかしたジャケットがあればそれだけで売り上げに貢献するかもしれない大切な要素です。

そのジャケットがひどい。

「音楽はいいのに!」「なぜこんなジャケットに?」思わずそう思ってしまったジャケット特集です。

『早熟』/岡村靖幸

早熟早熟
(1990/03/21)
岡村靖幸

商品詳細を見る


先頃とうとう復活が発表された岡村ちゃん。複雑な心境です。さてこのアルバム、彼の初期の楽曲を集めたコンピレーションで文字通り早熟な才能が発揮されたすばらしい作品。しかしこのジャケット。口元をきゅっと閉じ小首をかしげる絶妙なスマイル。なんだこの恥ずかしさは!こっちがひたすら恥ずかしくなるジャケットです。



『DEVOTION』/スターダスト・レビュー

DEVOTIONDEVOTION
(2011/02/23)
スターダスト・レビュー

商品詳細を見る


30周年を迎えた円熟のロックバンドスタレビ。そんな彼らの魅力のひとつにアカペラがあることを一般的な人はどれだけ知っているでしょうか。99年にリリースされたこのアルバムはロックバンドであるにもかかわらず楽器を置きほとんど声だけで録音されたボイスオーケストレーションアルバム。「マシュ・ケ・ナダ」のディストーションボイスアレンジも秀逸。カバー、オリジナルともに音楽好きに好まれるアルバムだと思うのですが…。このジャケット!なんだこのカラフルな色使いは!ダサさを超越する一歩手前の圧倒的なインパクト。スタレビファンであった社長が当時CDショップでこの新作を手に取ったときの絶望感。…今あらためてみるとそうひどくない気がしてきました。ようするに彼らの好きな洋楽レコードのオマージュなんですよね。上部のフォント部分は結構かっこいい。



『Born This Way』/レディー・ガガ

Born This Way (Int'l Version)Born This Way (Int'l Version)
(2011/05/23)
Lady Gaga

商品詳細を見る

触れたくないけど一応触れとく(笑)何がイヤってマスコミの異様な持ち上げ方。ガガ様すごいみたいなこというだけで誰もちゃんとツッコンであげない。そういうのが気持ち悪い。音楽的には彼女のファッションほど奇抜ではないですよ。



『Rock'n'Roll Circus』/浜崎あゆみ

Rock'n'Roll Circus(DVD付)Rock'n'Roll Circus(DVD付)
(2010/04/14)
浜崎あゆみ

商品詳細を見る

ダサくはない。ダサくはないんだけどなんかこう…。もはや浜崎あゆみはCGなのか。



『ハンサムボーイ』/井上陽水

ハンサムボーイハンサムボーイ
(2009/03/25)
井上陽水

商品詳細を見る

一見御大のサングラス越しの笑顔があるだけでまあまあとおもいきやハンサムボーイのタイトルに吹き出さずにはいられない。と以前友人が申しておりました。ピンクのバックも秀逸ですね。「最後のニュース」「少年時代」含む名盤。



『Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE』/槇原敬之

Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVENoriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE
(2010/01/01)
槇原敬之

商品詳細を見る

ファン的には20周年の集大成のアルバムがこれでよかったんですか?マッキーのアルバムジャケットは狙ってんのかどうなのかあやしいレベルの残念なのが多い。



『RIDE ON TIME』/山下達郎

RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)
(2002/02/14)
山下達郎

商品詳細を見る

日本が誇る名盤。このジャケットもあまりにも有名ですけど、腰に手をあて内股で笑みを浮かべる先生。なんなんだこれは。でも名盤補正でかっこよく見えてきたりもします。本人がジャケットに登場しなくなってからはおしゃれなジャケットが多いです(笑)



というわけでぼちぼちこんなとこにしときましょうか。

この特集を組むにあたりヒップホップとへヴィーメタルは除外させていただきました。あのあたりのジャンルのジャケットはその手の宝庫ですので(笑)

関連記事
テーマ : 本日のCD・レコード  ジャンル : 音楽

Category: 日常

Tags: radiko  KAN  スタレビ    

Comment (0)  Trackback (0)

radiko全国開放開始!

こんにちは。社長です。

さてradikoというものを皆様ご存知でしょうか。

radiko.jp』は、「難聴取の解消」と「ラジオの聴取機会拡大」を目的に、通常は、地上波ラジオ放送をそのまま同時に放
送エリアに準じた地域に配信するサイマルサービスです。

とは引用ですが、ようはインターネットを通じてラジオ機器がなくてもラジオが聴けるナイスなシステムです。しかもパソコンのwebブラウザから感単に。iphone、Android端末からもアプリをいれれば無料で聴けます。さっそく社長の携帯にもいれました。ネットからなのでいわゆるラジオノイズがないのもいい。たぶんネットが繋がりにくかったり処理速度が遅いと途切れちゃうんだろうけど。

参加ラジオ局は以下の通り。

□関東7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)
□関西6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)

今うちにラジオがない社長としては本当にうれしい。いままでradikoは一部地域での試験運用だったのですが今回の大地震をうけて緊急全国開放となったようです。

特に大阪のFM802を聴けるのがうれしいです。数々のヒット曲を世に送り出したラジオ局ですよね。それから社長の大好きなKANスタレビ根元要がダブルDJを務めるFM COCOLOの『KANと要のWabi-Sabiナイト』も一度聴いてみたかった。

これはラジオの革命になると思いますよ。今まで一部の地域でのみしか聞けなかったラジオ局が全国で聴けるようになる。逆に全国からリクエストがくる。新しいことです。

しかし、最近のラジオって…。かかってる曲の情報がすぐにサイトにアップされてご丁寧にその曲の入ってるCDの販売サイトまでリンクしてくれちゃうので「お、いい曲!」と思った後の衝動買いが増えそうです。というかもうそれで注文しちゃいました。安いな、社長。

radiko.jp

関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
旅してゴメン(#2)TOKIO(#1)BUCK-TICK(#2)MEG-CD(#1)桑田佳祐(#1)山下達郎(#3)矢野顕子(#1)家庭教師(#1)エーテル(#4)凧(#1)結婚式(#7)ハービー・ハンコック(#1)シリコンスチーマー(#1)ナオト・インティライミ(#1)ZOOM(#1)大貫妙子(#1)銀の森(#1)備前焼(#2)美空ひばり(#1)エフェクター(#1)めずらしい人生(#1)ヘアカット100(#1)EnterMusic(#4)KAN(#3)吹奏楽(#2)ネズミ(#1)カウントダウンTV(#1)イエローモンキー(#1)益子焼(#1)ミヒャエル・エンデ(#1)Dr.ハーロウの実験室(#12)英語(#1)たわごと的J-POP論(#3)恋愛写眞。(#10)ライブ(#11)スピッツ(#2)北園みなみ(#1)特集(#10)木村カエラ(#1)陶史の森(#2)AtoZ(#42)リマスタリング(#5)一青窈(#1)小沢健二(#2)さだまさし(#1)鬼岩公園(#3)スムルース(#1)岡村靖幸(#2)Beyond(#1)ザ・なつやすみバンド(#1)うさぎ(#1)cabaret(#8)磯貝サイモン(#1)浅井健一(#1)ワタクシ的レコード大賞(#23)RCサクセション(#1)笠間焼(#1)サザンオールスターズ(#2)新曲(#12)リー・リトナー(#2)斉藤和義(#1)ハイロウズ(#1)放射する欠片(#4)TUBE(#2)島崎藤村(#1)ずっと繋がっていく日々(#4)ゲスの極み乙女。(#1)氷室京介(#1)スケッチ(#3)桜(#5)SONAR(#1)エーテルスケッチ(#58)夜明け前(#1)黒沢秀樹(#1)大滝鍾乳洞(#1)L⇔R(#3)吉田拓郎(#2)フェイクカバー(#4)衝動(#1)ACHA(#3)野焼き(#1)DMC-GF1(#15)ダイナランドゆり園(#1)佐野元春(#2)動物園(#1)間寛平(#2)アイム・イン・ラブ(リモデルド)(#1)遠い空の下で(#1)nostalgie(#15)竹内電気(#1)ブルーハーツ(#1)レコード(#1)Panasonic(#1)藤井隆(#1)兼六園(#1)加登屋(#1)アースマラソン(#2)GLAY(#1)及川光博(#1)radiko(#1)CDレビュー(#38)モモ(#1)打ち込み(#1)RIPSLYME(#1)こいのぼり(#1)鈴木慶一(#1)曽木公園(#1)フォープレイ(#1)ふくろうず(#1)奥田民生(#1)椎名林檎(#1)セット・ミー・フリー(#3)北斗の拳(#2)宮沢和史(#1)ラブトライアングル(#6)西野カナ(#1)チャゲアス(#2)JUJU(#1)B・B・キング(#1)ザ・スパイダース(#1)スタレビ(#3)BREAKERZ(#1)川本真琴(#1)ジャンクフジヤマ(#1)アルバ(#1)きゃりーぱみゅぱみゅ(#2)忌野清志郎(#3)フレイズ(#4)フライング・バリット・ブラザーズ(#1)紅葉(#1)kindle(#1)ゆず(#2)ツバキ(#1)DTM(#4)ベンジー(#1)Superfly(#2)飛行機雲(#2)ドームやきものワールド(#1)はてしない物語(#1)ウド鈴木(#2)チャットモンチー(#1)サカナクション(#1)クリスマス(#1)Mr.Children(#3)東北地方太平洋沖地震(#2)浴衣(#1)レコーディング(#19)馬籠宿(#1)黒沢健一(#3)金沢カレー(#1)ウルフルズ(#1)
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。