FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長がしかるべきときにおもむろに更新するBLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 音楽-その他

Tags: 特集  スピッツ  L⇔R  吉田拓郎  ゆず  

Comment (0)  Trackback (0)

夏うたフル

こんにちは。社長です。

デフォルト35℃の日々です。この夏をのりきる勝手に夏ソングセレクション。


Sunny Day Sunday/センチメンタルバス

「♪39度のっ! とろけそうな日っ!!」と元気よく始まるいかにも夏な歌。「39度ってどないやねん」と当時は思ってましたが最近は普通に現実的な気温な気がします。一度聴くと耳から離れなくなるかも。



夏の魔物/スピッツ

スピッツ初期のシングル。ドライブでかけてー、てな感じのノリノリな歌。この曲収録の1stアルバムも夏っぽさと変態っぽさが満ち満ちた名盤。



夏なんだな/THE HIGH-LOWS

ライブ映像とともに。ハイロウズもバンドそのものが夏のイメージだった。夏フェスの顔のような。個人的にクロマニヨンズよりハイロウズのがかっけえと思います。



君と夏と僕のブルージーン/L⇔R

青春です。社長の青春です。大好きでしたわ。この頃のL⇔Rはどことなくアメリカーンな路線でした。このカラッとした空気いいでしょ?



サンライズ/BENNIE K

初めて聞いたときは衝撃的だったBENNIE K。この曲も今風に言うところのテンションアガるというやつです。



夏の終わりのハーモニー/井上陽水&玉置浩二

しっとりいっとく?って感じで大名曲を。鳥肌たちますわ。



サマージャム'95/スチャダラパー

かっこ悪いところがカッコイイ、希有な存在スチャダラパー。社長の95年はまさしくこの曲とともに過ぎていきました。



ひまわり/CURIO

かっこよかったのに。のに。ボーカルの人が社長と出身地一緒です。



せんこう花火/よしだたくろう

ちょっぴり切ないけどさらっと終わる短さがいいと思うんです。こういうの聴くと最近のポップソングはムダに長くしてないかなと思うんです。



夏色/ゆず

最後に。ゆずもスカッとしてていいなあ。つーか若いなあ。これたしかデビュー曲でしたよね。すげえなあ。


と、いうわけでいっきに夏うた10曲ご紹介いたしました。TUBEとサザンを外したのはわざとですがごめんなさい。あとFLYING KIDSの「真夏のブリザード」という名曲も音がないため紹介できず。

てか、「夏うた」じゃなくて「懐うた」じゃね、このラインナップ。

お後がよろしいようで。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 音楽一盤(ディスクレビュー)

Tags: CDレビュー  ゆず  

Comment (0)  Trackback (0)

音楽一盤 第12回 『すみれ/ゆず(2003)』

こんにちは。社長です。

今日はゆずのアルバム『すみれ』を紹介しようと思っているのですが…。これがいささか勇気のいることだったりもするのです。それは何故か…。

ご存知の通り社長は大学在学中に相方村田君とエーテルスケッチを結成し盛岡の街でストリートライブを行っていました。当時、ゆず大人気(もちろん今もですけど)、街にはゆずもどきの路上ミュージシャンが溢れていました。

それはまあいいとして。ゆずの何が偉大かというと「ギター持って2人で歌ってたらゆず」というテンプレートを世に定着させてしまったことです。つまりこういうこと。

ある人「社長のやってるエーテルスケッチって何系の音楽やってるの?」
社長「う~ん。分からんけどとりあえずギター持って2人で歌ってるよ」
ある人「ああ、ゆずみたいなのね」
社長「えっ…(゜O゜)」

そう、この形式でやってると何でもゆず化されてしまう。この現状は今でも変わっていません。偉大なる、そして恐るべしゆず。それゆえに「ゆずっていいよね~」なんて軽々しく口にできないのです。

なので今日は勇気をだしての「本当はゆず好き」カミングアウトレビューです。



1. 桜道3
2. スミレ
3. 3番線
4. ふくろ
5. 駅 (恵比寿~上大岡)
6. 青
7. 運転技術の向上
8. 君は東京
9. 旅立ちのナンバー
10. フラリ
11. 呼吸
12. 桜道2
13. 言えずのアイ・ライク・ユー
14. カーテンのせい
15. ブザービーター
16. またあえる日まで
関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。