FC2ブログ

社長のたわごと

JOY MUSIC RECORDS主宰者、社長の失笑系BLOG

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 音楽-その他

Tags: たわごと的J-POP論  

Comment (2)  Trackback (0)

たわごと的J-POP論「いまさら語る初回限定盤商法」

こんにちは。社長です。

CDが売れないと言われて久しい昨今、レコード会社もあの手この手でCDを売ろうと工夫しています。そんな中、未だipodやwalkmanを持たずCDを買い続けている社長などはたぶん感謝されるべきお客様の一人だと思いますが、だからこそレコード会社の人にはここだけは注意してほしいということがありますのでひっそりワガママながら書いてみたいと思います。


CDが売れない理由


CDが売れない理由は、そもそも人々のライフスタイルが変わってポップソングが重要視されなくなったとか、音楽そのものの魅力がなくなったなども考えられるかもしれませんが、媒体の問題に絞って考えるとデジタルデータを簡単に複製できるようになったり、そもそも配信などでデータそのものを扱えるようになったことが大きいかと思います。

つまり媒体としてのCDそのものの価値は非常に下がりました。だってCDじゃなくても音楽聴けるんだもん。仮にCD買っても一回ipodに入れちゃえばディスクはいらなくなるんだもん。

なので一番の勝者、あるいは邪魔者はTSUT○YAやGE○といったレンタル業者でしょう。

レンタルで済ませればデータだけ複製できる。という便利な世の中がCD購買意欲に歯止めをかけているというのが実情でしょう。

(じゃあもう全部配信に移行すればいいじゃない、と思わないでもないですが絶対に「CD」を売っていかないといけない理由でもあるのでしょう。未だにランキングなどはCD売上ベースで集計されているようです)

そんなこんなで本来の価値を半分失ってしまったCDにおまけをつけて売ろう、ということにしたのが「初回限定盤」です。


「おまけ」はやはりうれしい


現在メジャーシーンの少なくともヒットチャートに載るようなアーティストのCDはほとんど「初回限定盤」と「通常盤」の2種類が販売されています。

なにが違うかというと、それぞれの商品に違いはありますが「初回」にはだいたい何らかの「おまけ」がついてきます。

主流はおもにDVDでライブ映像やレコーディングドキュメンタリーやミュージックビデオが見られたりします。中にはどっちがおまけかわからないというほど豪華なものもあります。

なぜこれがCD販売の切り札になっているかというとこのおまけDVDに関してはレンタルできない、ということらしいですね。これが欲しかったらレンタルじゃなくて買ってね、となるわけです。まさに本編CDの立つ瀬がないですね。

しかしながらよくできたおまけはグリコの時代から非常に魅力的でそんなに値段が違わなければそっちを買ってしまうのが人情というものです。

そう、この売り方自体に社長はなんの不満もありません。問題は別にあります。


同じCDなのにジャケットがいくつもある!?


それは「初回限定盤」と「通常盤」のビジュアルを差別化するためにジャケットが2種類、あるいはそれ以上できてしまうということです。

例えば今何気なくAmazonでエレファントカシマシの新しいベストアルバムを見ているのですがこれにしたって2種類の初回盤と通常盤で


THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤A)(DVD付)THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤A)(DVD付)
(2012/12/19)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤B)(DVD付)THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤B)(DVD付)
(2012/12/19)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


THE BEST 2007-2012 俺たちの明日THE BEST 2007-2012 俺たちの明日
(2012/12/19)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


ひとつの作品に対して3種類ものジャケットが出来てしまうのです。下手すりゃまったく別の作品に見えますよ。

社長、これがたまらなく嫌なのです。


名盤と名ジャケットには密接な関係がある


なにがそんなに嫌なの?とまったく共感してもらえない人が大半な気もするのですがアートワークというのは作品の文字通り「顔」ですから安易にいろいろあって混乱するのが嫌なのです。

例えばものすごく将来的に評価の高いアルバムになって友人とそれについて話をしているときに社長と友人の思い浮かべ、イメージしているジャケットが別々っていうのはなんだかなあ、と。

粋じゃない。と言いたい。

古来より、名盤には名ジャケットがつきものじゃないですか。ビートルズの『アビイ・ロード』なら誰だって4人が横断歩道渡ってるあのジャケットを思い浮かべるし、ソニーロリンズのサキコロならブルーバックのあのジャケット以外ありえないじゃないですか。

どんなに音楽がよくても2種類も3種類もあるジャケットの作品が後世に語り継がれていくのだろうかと疑問に思います。

しかもこんなことやってるのは日本だけのようだし。

おまけも大事だけどパッケージとしての商品価値もデジタルの時代だからこそなおさら大事。でも作ってる人たちにすらそういう感性がなくなってきているのだと思うと残念。

というわけで今日はあまり共感が得られなさそうな愚痴をこぼしてみました(笑)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 音楽-その他

Tags: たわごと的J-POP論  

Comment (0)  Trackback (0)

たわごと的J-POP論「さて、パクリとは」

こんにちは。社長です。

上海万博のPRソングが岡本真夜のヒット曲「そのままの君でいて」に酷似していたようですね。まあ日本じゃわりと知られている曲ですけど突っ込みが入ったのが中国のネット上かららしいです。実際聞き比べて見ますとパクリというよりはカバー曲状態ですね。サビだけでなくすべてのメロディーがほぼ一致しています。万博事務局は岡本真夜側に楽曲の使用許可を申請し、事実上盗作を認め、カバー曲扱いで楽曲を利用することになったそうです。岡本側は快諾ということでその懐の深さをたたえられていましたが実際のところ無料で世界中に宣伝してもらえるわけで内心ホクホクではないでしょうか。

しかし、万博という国家の名誉がかかっているイベントのPRソングでこんな一発で突っ込まれる盗作を堂々とする神経が理解できません。中国国民も相当怒っているようですね。

というわけで「パクリ」ということに関してちょっと書いてみようと思うんですが。ちょっと似ているフレーズを見つけると鬼の首を取ったように盗作だなんだという人がいますが社長にしてみればちょっと心が狭いなあと思います。

常々思うことは音楽というのは歴史の上に積み上げられてきたものであって、どんな音楽の影響も受けていないまったくの「オリジナル」なんてものはもう存在していないと思うんです。

歴史上の偉大なる音楽に敬意を払いつつ新しい音楽を生み出していくのが健全な姿だと思うんですよ。具体例あげればきりがないですけど初期スパイダースなんて「日本語でビートルズをやりました」みたいなものだと思うしキャロルもそうでしょ。オーティス・レディングがいなければ忌野清志郎はいなかったかもしれないし、ボブ・ディランがいなければ桑田敬祐が今のような歌い方をしていたか分かりません。

楽曲単位でみてもたとえば80年代を代表する名曲佐野元春の「someday」はブルーススプリングスティーンの「Hungry Heart」にアレンジから何から似ているし、小沢健二の「僕らが旅に出る理由」のイントロはポール・サイモンの「 YOU CAN CALL ME AL」そのままだ。

だからといってこれらの楽曲が「パクリ」の一言でまったく価値のないもののように扱われるのはちょっと違うのではないかと思います。別に「売れてる曲を盗めば俺も売れるだろう」みたいなことでやってる人はいないと思いますし、どちらかといえば憧れとか遊び心の類でやっているのだと思います。

たとえばオレンジレンジの「ロコローション」という曲がヒットしました。明らかにキャロルキングの「ロコモーション」を引用し、さらにシャンプーの「trouble」も織り交ぜているわけです。本人じゃないのでどういう意図か代弁はできませんがたぶんしゃれでやっていると思うんですよね。遊び心だと思うんですよ。それに対して目くじら立てるのはどうも逆にかっこ悪い気がします。

基本的に元ネタ見つけたとき心の中でにやっとするのが音楽好きだと思っています。元ネタの引用の仕方でセンスを感じたり。そうやって音楽を楽しみたいと思っております。

今回の中国のがまずかったのは最初から最後まであまりに「そのまま」だったことですかね。ちょこっとアイデアをもらう、エッセンスを取り入れる、位の所で作曲者のセンスを見せてほしかったですね。

まあ何が言いたいかというとこの先社長の発表する曲が誰かの何かに似ていたとしても笑って許してくださいね、ということです(笑)

関連記事

Category: 音楽-その他

Tags: たわごと的J-POP論  

Comment (0)  Trackback (0)

たわごと的J-POP論「J-POPの英語詞」

こんにちは。社長です。

以前はブログの更新間隔があいてくるとなぜかわからない罪悪感にさいなまれたものですがいまや社長は大丈夫です。元気です。(何が?)

さてタイトルに論などと大仰な文字を入れて書き始めるわけですが別にそんなにたいしたことは書きません。よくご存知だとは思いますが。

いろいろネットとかでもちらほら見かける意見ですが「日本人なのに英語混じりの歌詞はおかしい」「発音も中途半端なのにかっこつけんな」「海外コンプレックスか」「日本語で歌え」という話。

けっこうイラっとくる人も多いみたいですね。

これに対して社長の見解。「別にいいじゃん」

なんとも力のない返事。

ところで70年代、日本にロックという音楽が「輸入」されてきたとき、ロックを日本語で歌うべきか英語で歌うべきか割と真剣に議論されていたようです。かの内田裕也が英語派の筆頭ですね。日本語派はスパイダースやはっぴぃえんどでしょうか。ロックのリズムに日本語はのらない。というのが英語派の言い分。結局時代がどう動いていったかは現在の音楽が示すとおり。ごく自然に日本語でうたい、ごく自然に英語も混ざる。たぶんこれは日本語の曲のほうが単純にセールスがあったということなのだと思いますけど。

そして時は流れて。

英語まじりの名曲はいっぱいありますがたとえば

「わがままジュリエット」/BOOWY


「泣き顔でスマイルすりきれてシャイン踊るならレイン」

冒頭の歌詞。表記こそカタカナですが見事です。なんかわかるようなわからないようなふわっとした雰囲気。これ日本語だけでだせるでしょうか。

もうひとつ例。
「Addicted to you」/宇多田ヒカル


「君にaddictedかも」

というワンセンテンスに「すごいなー」と思ったものです。これを直訳などして「君に依存してるかも」とか「キミに夢中」とか「キミにメロメロ」とか歌ったらこの曲のクールさも台無しというわけです。

というわけで何が言いたいかというと英語は英語で意味を持って使っているんじゃないかと。洋楽の真似とかコンプレックスで英語を使ってる人なんてそんなにいるかな?という感じです。

大体、翻訳というのはイコールではないですから英語のほうが適したイメージを与えられる場所もあるわけです。「I love you」と歌いたいのに「愛してる」とか「好きだー」とか「月がきれいですね」とかだとなんかイメージ変わっちゃうんです。

まあ単純なリズムの問題もあると思いますけど。やはり日本語のリズムと英語のリズムは違いますので。ただそれを英語コンプレックスみたいに言うのはどうかと。だってたかが歌じゃない。たかが歌詞じゃない。そりゃ日常会話で端々英語挟んでくるルー大柴とかケインコスギみたいな人がいたらたぶんイラっときますけど。

本格的に海外進出を目指してる歌手の英語の発音が微妙だとそれはイタイですけど。国内市場だけで考えているものには大目に見てほしいものです。

おまけ:逆輸入、カーペンターズが日本語で歌う「sing」


関連記事

プロフィール

社長(三田村 潤)

Author:社長(三田村 潤)
経営者でもないのに社長と呼ばれて10数年。完全自主制作音楽レーベル「JOY MUSIC RECORDS」を主宰。
最近記事量が少ないのは音楽活動が充実しているためだと信じたい。

遠距離系ポップデュオ「エーテルスケッチ」、宅ROCKソロプロジェクト「A to Z」のふたつのプロジェクトを中心に音楽活動をまったり展開。

タグ一覧
浅井健一(#1)RIPSLYME(#1)Mr.Children(#3)斉藤和義(#1)cabaret(#8)新曲(#11)氷室京介(#1)動物園(#1)うさぎ(#1)チャットモンチー(#1)スタレビ(#3)奥田民生(#1)GLAY(#1)B・B・キング(#1)ラブトライアングル(#6)フォープレイ(#1)ツバキ(#1)ウド鈴木(#2)アースマラソン(#2)打ち込み(#1)美空ひばり(#1)竹内電気(#1)ハービー・ハンコック(#1)旅してゴメン(#2)備前焼(#2)木村カエラ(#1)ジャンクフジヤマ(#1)さだまさし(#1)ザ・なつやすみバンド(#1)ZOOM(#1)BUCK-TICK(#2)佐野元春(#2)RCサクセション(#1)スムルース(#1)きゃりーぱみゅぱみゅ(#2)ハイロウズ(#1)ブルーハーツ(#1)ヘアカット100(#1)藤井隆(#1)黒沢健一(#3)島崎藤村(#1)衝動(#1)ドームやきものワールド(#1)間寛平(#2)ナオト・インティライミ(#1)カウントダウンTV(#1)椎名林檎(#1)JUJU(#1)恋愛写眞。(#10)益子焼(#1)ミヒャエル・エンデ(#1)北園みなみ(#1)夜明け前(#1)アイム・イン・ラブ(リモデルド)(#1)ゆず(#2)川本真琴(#1)浴衣(#1)馬籠宿(#1)エフェクター(#1)DMC-GF1(#15)nostalgie(#15)リマスタリング(#5)SONAR(#1)レコーディング(#19)吹奏楽(#2)エーテル(#4)野焼き(#1)MEG-CD(#1)放射する欠片(#4)kindle(#1)ずっと繋がっていく日々(#4)イエローモンキー(#1)宮沢和史(#1)及川光博(#1)フライング・バリット・ブラザーズ(#1)サザンオールスターズ(#2)L⇔R(#3)飛行機雲(#2)エーテルスケッチ(#58)曽木公園(#1)山下達郎(#3)銀の森(#1)スピッツ(#2)忌野清志郎(#3)ふくろうず(#1)スケッチ(#3)フェイクカバー(#4)TOKIO(#1)兼六園(#1)ワタクシ的レコード大賞(#23)ダイナランドゆり園(#1)リー・リトナー(#2)小沢健二(#2)AtoZ(#41)鈴木慶一(#1)一青窈(#1)陶史の森(#2)家庭教師(#1)ゲスの極み乙女。(#1)DTM(#4)吉田拓郎(#2)TUBE(#2)モモ(#1)ザ・スパイダース(#1)Superfly(#2)KAN(#3)ネズミ(#1)西野カナ(#1)矢野顕子(#1)大滝鍾乳洞(#1)磯貝サイモン(#1)シリコンスチーマー(#1)BREAKERZ(#1)桜(#5)レコード(#1)岡村靖幸(#2)ライブ(#11)フレイズ(#4)こいのぼり(#1)Panasonic(#1)めずらしい人生(#1)セット・ミー・フリー(#3)結婚式(#7)遠い空の下で(#1)紅葉(#1)CDレビュー(#38)鬼岩公園(#3)アルバ(#1)radiko(#1)はてしない物語(#1)加登屋(#1)金沢カレー(#1)凧(#1)東北地方太平洋沖地震(#2)笠間焼(#1)Beyond(#1)英語(#1)大貫妙子(#1)ACHA(#3)たわごと的J-POP論(#3)サカナクション(#1)ウルフルズ(#1)チャゲアス(#2)ベンジー(#1)特集(#10)Dr.ハーロウの実験室(#12)黒沢秀樹(#1)北斗の拳(#2)クリスマス(#1)EnterMusic(#4)桑田佳祐(#1)
online shopから
オススメ商品
ブロとも申請フォーム
クリック募金


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。